「告白するしかない!」と男性に腹をくくらせる女性からの一言9パターン

お互いにいい感じなのに、男性がなかなか踏み込んでこないためにやきもきする女性も多いのでは? 一体、どうすれば男性の背中を押すことができるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』読者へのアンケートをもとに「『告白するしかない!』と男性に腹をくくらせる、女性からの一言」をご紹介します。

【1】別れ際に名残惜しそうに「まだ帰りたくないなぁ」

「ここまで言われたら行くしかない!」(20代男性)といったように、名残惜しさをはっきり言葉にすれば、さすがに男性も自分の思いを伝えようと覚悟するようです。独り言のようにボソッとつぶやくだけでも、男性がみずから行動を起こそうと考えるきっかけになるでしょう。

【2】二人で遊んだあとに「今度はまた別のところに行こうね!」

「また誘っていいんだと思えるから」(10代男性)など、次を感じさせる一言は、男性に期待を抱かせるようです。社交辞令のように思われないためには、次に会うときの具体的なプランや場所などについて触れるといいでしょう。

【3】遊んでいるときに満面の笑みで「○○くんと一緒にいると本当に楽しい」

「女の子の笑顔を見ると幸せな気持ちになるから」(20代男性)といったように、楽しい気分を笑顔で素直に伝えれば、男性に「この子を逃したくない」と感じさせるようです。自分をよく見せようと、逆におとなしくしてしまうこともありますが、ポジティブな気持ちは顔に出したほうがいいでしょう。

【4】男性の性格を褒めて「○○くんのそういうところいいよね」

「褒められると認められたと感じるので」(10代男性)など、具体的なポイントを褒められることで、ようやく自信を持てる男性も多いようです。褒める際は、見た目や肩書きよりも、女性に対する心遣いなど、内面で好感が持てるポイントに注目したほうが、男性に「よく見てるな」と感心されやすいでしょう。

【5】男性の話にあれこれ質問しつつ「もっといろんな話を聞きたい」

「自分の話に興味を持ってくれることはうれしい」(20代男性)など、話に興味を持ってもらえると、男性はいいお付き合いができそうだと考えるようです。男性が夢中で話すときは、あまり自分のエピソードなどは挟まず、聞き役にまわったほうがその場を盛り上げられるでしょう。

【6】二人きりの状況でいたずらっぽく「なんか付き合ってるみたいだね」

「ドキッとして、すごく意識するはず」(20代男性)など、女性から一歩踏み込んだ言葉をかけられたら、男性は素直に反応してしまうようです。デートを重ねてもなかなか想いを口にしない男性には、このくらいストレートにせまったほうがいいかもしれません。

【7】話の合間にしみじみと「なんか二人でいると落ち着く」

「いい付き合い方ができそうだなって思う」(20代男性)など、「落ち着く」という言葉は男性に心地いい恋愛関係を想像させやすいようです。男性に安心感を抱く場合は、どんなところがそう感じさせるのか、具体的に伝えるとさらに喜ぶでしょう。

【8】知り合いのカップルについて話しながら「あんな風に付き合えたらいいな」

「自分たちのことかと思うとドキドキする」(10代男性)といったように、カップルの話題を持ち出せば、男性は付き合う状況をリアルに想像するようです。ただし、理想の彼氏像を語りすぎると、男性が自分とその理想を比べて気持ちが萎えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

【9】好きな男性のタイプなどについて聞かれたときに「言わなくてもわかるでしょ」

「想像が膨らんで、自分のこととしか思えなくなる」(30代男性)といったように、含みのあるぼかしたものの言い方に、男性は想像力を刺激されるようです。より確実に男性の心をとらえて告白を後押しするには、じっと見つめながら話すことが大切でしょう。

ほかにも「『告白するしかない!』と男性に腹をくくらせる、女性からの一言」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

関連記事

今、あなたにオススメ