この子はイマイチ!と感じたFacebookでのやりとり9パターン

リアルとは違った異性の一面が見られるのがFacebookの特長。投稿内容の面白さがきっかけでやりとりに発展することもありますが、絡んでみたらイマイチと思われることもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「気になる女性とFacebookでやりとりしたものの、『なんか違うな』と感じた理由」をご紹介します。

【1】ネガティブな書き込みばかりが目につく

「明るい要素が少なくて、見てて落ち込む…」(20代男性)など、距離を縮めてみたらマイナスオーラ全開でドン引きしたパターンです。たとえ面白くても悪口や皮肉めいた発言は男ウケが悪いと考えたほうがいいでしょう。

【2】雑な言葉遣いが目立つ

「『ちげーよ』みたいな話し方をする人はムリ」(20代男性)など、下品な言い回しはNGという男性もいるようです。気心知れた間柄ではなく、ちょっとした知り合い程度の相手であれば、もう少しマイルドな表現が相応しいでしょう。

【3】ライブで会話する機会がほとんどない

「返信が翌日とかは萎える」(20代男性)など、リアルタイムでのやりとりが成立しないことにガッカリされるパターンです。生活リズムが違う場合は仕方ありませんが、同じタイミングでオンライン上にいるにもかかわらず、相手のコメントをスルーしていると次第に距離を置かれてしまうでしょう。

【4】男性のフランクな語りかけにも敬語で応じる

「ここから関係つめるの面倒くさい」(20代男性)など、心の距離を感じる対応にげんなりされるパターンです。感じよく気さくに話しかけられた場合、顔文字を入れるなど、明るさが伝わるように返信することはマナーの範疇といえるのではないでしょうか。

【5】多くの男性とさかんにやりとりしている

「SNS上でアイドル的になっていると、とたんに魅力がなくなる」(20代男性)など、誰にでもいい顔をする姿勢に男性の気分が盛り下がるパターンです。男友達と話すのはもちろんアリですが、女性に比べ、男性とのやりとりが圧倒的に多いようだと、周囲にあまり良い印象を与えないでしょう。

【6】男性がちょっと書き込みしないだけで、いちいち理由を聞き出す

「ストーカーみたいでちょっと…」(10代男性)など、少し知り合いになった程度の間柄で執拗に相手に絡むと敬遠されるようです。仲を深める努力は大切ですが、張り切り過ぎると往々にしてテンションの違いで引かれるので、最初は適度な距離感を心がけて会話を続けたほうがよさそうです。

【7】書き込む頻度やテンションにやたらと波がある

「地雷を踏みそうで怖いです」(20代男性)など、心が不安定な感じに男性が一歩引いてしまうパターンです。どうしても気持ちの波が生まれやすい人は、ローテンション時専用のアカウントを作り、ひっそりマイナス要素を消化してみてはいかがでしょうか。

【8】いたるところに趣味への熱い思いがほとばしっている

「アニメに対する熱がスゴすぎてついていけない」(20代男性)など、趣味のスイッチが入ると想像以上にスパークする女性もNGのようです。特に、語り口調がアニメのキャラクターっぽくなったり、あえてフシギちゃんを気取ったりするのは男性にドン引きされてしまうでしょう。

【9】男性から食事の誘いがあっても、なかなか具体的に話が進まない

「はぐらかされ続けたら撤退します」(30代男性)など、オンライン上でのやりとりにとどめようとする女性の意思を察し、男性が身を引くパターンです。女性としては素性がハッキリしない相手からの誘いに簡単には乗れないでしょうから、複数で会うような話でなければ、きっぱりと断ってもよいでしょう。

ほかにも「気になる女性とFacebookでやりとりしたものの、『なんか違うな』と感じた理由」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

関連記事