「仲直りしたいなら」彼氏と喧嘩したときの上手な謝り方9パターン

「雨降って地固まる」ということわざがあるように、彼氏とケンカをしてしまっても、上手に仲直りをすることができれば、むしろ距離が縮まる場合があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ケンカはラブ回復のチャンス!彼氏の心をつかむ謝罪の言葉」をご紹介します。

【1】「1日でも早く仲直りしたいから…ごめんなさい」と素直に謝る

「『ごめん』だけでいい。その一言が聞きたい」(10代男性)というように、多くを語らず頭を下げる素直さが、早期解決につながるようです。相手が怒っているときは、理屈をこね回しても神経を逆なでするだけだと心得ましょう。

【2】「本音を言ってくれて、ありがとう」と向きあってくれたことに感謝する

「自分が怒ったことに対して感謝までされると、逆に尊敬するかも」(20代男性)というように、「ありがとう」の言葉は、彼氏の頭を冷やすだけでなく、あなたの株を急上昇させるようです。謙虚な姿勢でいることが、二人の関係を長続きさせる秘訣でしょう。

【3】「○○なところ、私が悪かったよね」と自分の欠点を認める

「自分の非を認められる人は、大人だと思う」(10代男性)というように、自らの悪いところをきちんと理解できる女性も一目置かれるようです。意地を張らずにさっと謝れば、「実は僕も…」と彼氏も反省してくれるかもしれません。

【4】「ケンカしてもあなたが好き!」と、無邪気に愛を告白する

「『だって好きなんだもん』って言われれば、かわいすぎて愛おしくなる」(10代男性)というように、頭であれこれ計算しない、ピュアな態度が吉と出るケースもあります。問題の根が深くない場合は、ケンカなど何でもないことのように振る舞うのも一つの手でしょう。

【5】「次からはこうしよう」と、感情ではなく論理で対処する

「感情任せになっちゃう子は苦手。落ち着いて話せる子じゃないと…」(20代男性)というように、問題が起きても冷静さを保てる女性に、長いお付き合いを見据える男性も少なくありません。感情が抑えられなくなったら、言葉を発する前に深呼吸するクセをつけるとよいでしょう。

【6】もう1回ちゃんと話そう」と、ひざを突き合わせて相手の話を聞く

「真摯な姿勢を見て、同じ過ちは二度と犯すまいと誓った」(20代男性)というように、相手を理解しようとするひたむきさが、「俺にはこの子しかいない」と思わせる鍵になるようです。相手が話し始めたら、途中で腰を折らず「うんうん」とうなずいて誠意があるところを見せましょう。

【7】「あなたのこと、前より理解できた」とケンカを前向きにとらえる

「価値観の違いがよくわかったので、逆にいい機会だったと思えた」(20代男性)というように、ケンカを「理解の場」にしてしまうポジティブさが、愛を深めることもあるようです。会話を進めながら「あなたは○○と思ってるんだね」と、相手の想いをくみ取る努力をしましょう。

【8】「あなたが頼れるから、つい無茶言ってゴメン」と、謝りつつ相手を立てる

「褒められると、ケンカをしていても悪い気はしない」(20代男性)というように、長所を連ねて丸く収めるワザに、居心地の良さを感じる男性もいます。「優しい」「まじめ」など、彼氏の良さを即座に言えるよう洗い出してみてはいかがでしょうか。

【9】こんなことであなたを失いたくない」と相手の大切さを強調する

「自分も気持ちは同じ。互いが必要だとわかった」(10代男性)というように、ケンカをただのいさかいで終わらせず、相手に想いを伝える「好機」に変えるパターンです。「あなたは私のことをどう思ってる?」と、ケンカ後にしか引き出せない本音を再確認すると、距離が縮まるかもしれません。

できれば彼氏とのケンカは避けたいものですが、ぶつかってしまったときは、互いを理解しあって絆を深めたいものです。(山田うみ)

関連記事