スペックに自信がない男性を勇気づける「絶妙な言い替え」9パターン

外見のコンプレックスなど、ひそかに気にしていることを「むしろそこがいいんじゃない?」と言われたら、誰だって嬉しいものです。合コンなどで「自信がない男性」に出会ったら、どんな「言い替え」をしてあげるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「スペックに自信がない男性を勇気づける『絶妙な言い替え』」をご紹介します。

【1】口ベタな男性を「聞き上手って言われません?」とフォローする

「聞き上手って言われると焦らずに過ごせる」(20代男性)というように、口ベタゆえに無言になりがちな男性には、「話しやすさ」を褒めてあげるといいようです。「あいづちが絶妙だからしゃべりやすい」などと具体的に述べれば説得力が増すでしょう。

【2】ぽっちゃり体型を「頼りがいがありそう」と褒める

「いつもは体型をからかわれるだけなのでドキッとした」(20代男性)というように、ぽっちゃり男性を持ち上げるなら、「頼りがい」や「安心感」を持ち出すのがよさそうです。和ませようとしてゆるキャラなどにたとえてしまうと、異性として意識していないことが伝わってしまうので注意しましょう。

【3】みんなで盛り上がれない間の悪さを「独特のリズムがありますね」と擁護する

「空気の読めなさを茶化されることが多いので、新鮮な喜びがありました(笑)」(10代男性)など、天然キャラを好意的に捉えるパターンです。「癒されます」などと自然体であることを評価してあげるといいでしょう。

【4】女の子に慣れていない様を「誠実そうに見えますね」と勇気づける

「キョドってるかと不安だったから心に響いた」(10代男性)というように、女性慣れしていない様を「真面目な証拠」として好意的に受け止めるパターンです。「チャラい人よりもずっといいよね」と添えれば、悪い気分にはさせないでしょう。

【5】老け顔や白髪を「落ち着いて見えますね」と成熟ぶりにすり替える

「年相応に見られないコンプレックスがあったので、びっくり」(20代男性)というように、老けて見えることを「大人っぽい」と言い換えるのもよさそうです。もっと親しくなりたいのであれば「大人な男性が好きなんですけど」とトドメを刺すのもありでしょう。

【6】一見地味な業界を「堅実そうなお仕事ですね」と持ち上げる

「縁の下の力持ち的な業界なので、『よく気づいてくれた!』と前のめりになった」(20代男性)というように、職業を持ち上げられるとテンションが上がる男性もいます。仕事内容を夢中になって語り出したら、黙って聞いてあげましょう。

【7】汗かきを「一生懸命ですね」と好意的に受け止める

「自分なりに必死なので、そこを理解してもらえると嬉しい」(10代男性)というように、女性の前で緊張しすぎて挙動不審な様子を「真剣さの表れ」としてフォローするのも喜ばれそうです。「真面目」「実直」といったワードをまじえて使うと効果的でしょう。

【8】恋愛経験の少なさを「一途だったんですね」とかばう

「付き合った経験は一人だけだと正直に打ち明けたら、『むしろ素敵です』と言われてほっとした」(10代男性)というように、恋愛経験の少なさで萎縮している男性には、それを逆手にとって「純粋そう」とでも持ち上げてあげましょう。恋バナをするときは、相手の過去を全肯定してあげるのが会話を盛り上げる秘訣かもしれません。

【9】オタクぶりを「いろんなジャンルに詳しいんですね」と解釈する

「そこに食いついてくれるの?と感動」(20代男性)というように、オタク気質の男性であれば、そのマニアぶりに触れてあげるとプライドをくすぐることができそうです。「もう少し詳しく教えて」などと時折質問を挟むと、それなりに間が持つでしょう。

ルックスや体型、人見知りなどを引け目に感じている男性は多いものです。ひとまずその場の空気を和やかにしたければ、上手にフォローしてあげましょう。(佐々木正孝)

関連記事