そりゃねえよ!トラウマになった元カノの「別れの言葉」9パターン

一般的に、付き合うときよりも別れるときのほうが数倍大変だといわれます。きっぱり別れるために、あえてキツめの言葉を選びたくなる気持ちもわかりますが、やりすぎると再起不能なほど相手を傷つけてしまうので、配慮は必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「そりゃねえよ!トラウマになった元カノの『別れの言葉』」をご紹介します。

【1】最初に言ってよ!「断れなくて付き合っただけ」

「マジで聞きたくなかった。好きで付き合っていると信じてた」(10代男性)というように、最初は押しに負けて交際を受け入れたのだとしても、それをわざわざ明かすのは酷でしょう。「ほかに気になる人ができた」などの言い訳を盾にしたほうが、まだ納得されやすいかもしれません。

【2】ストレートに言い過ぎ!「一緒にいるあいだ、ぜんぜんしっくりこなかった」

「たしかにぎこちなかったかもしれないけど、言い方があるじゃん」(10代男性)というように、ずっと違和感を抱いていたことを直球でぶつけるのも、相手をひどく傷つけてしまうようです。ボタンの掛け違いの連続で、少しずつ心が離れていったという具合に言い換えてはいかがでしょうか。

【3】妥協で選んだと言うも同然の「ぶっちゃけ不釣り合いだと思ってた」

「自分から不釣り合いって言っちゃう?とカチンときました」(10代男性)というように、まるで彼氏が格下のような言い方をすることも恨みを買う原因になりそうです。「釣り合わない」は、自分が相手に及ばないときに、謙遜の意味で使う言葉だと考えたほうがいいでしょう。

【4】この期に及んでまだディスる?「ダサすぎて隣を歩くのがつらかった」

「一緒にいて恥ずかしいと思われていたことがショック」(10代男性)というように、彼氏がファッション音痴だったとしても、「隣を歩くのがつらい」は言いすぎかもしれません。「独特なこだわりについていけないと思った」などと言い方を工夫してはいかがでしょうか。

【5】じゃあそっちと続けていればよかっただろ!とツッコみたい「元カレのほうがよかった」

「付き合っている間もずっと元カレのこと考えてたのかよ!って感じですよね」(20代男性)というように、前の彼氏と比べて劣っていることを別れの理由にするのは、あまりに理不尽でしょう。事実としてそうだったとしても、心にしまっておきたいところです。

【6】最後の人格否定に落ち込む「顔以外は好きじゃなかった」

「ただの面食いかよ!とがっかりしました」(10代男性)というように、見た目重視で付き合って、中身を好きになれなかったのだとしても、別の伝え方がありそうです。「今も男前だと思っているけれど、一緒にいると辛くなる」などと、オブラートに包んだほうがいいかもしれません。

【7】上から目線に腹が立つ「このまま付き合っても時間の無駄だと思う」

「僕との付き合いが無駄とかいうの酷くないですか?」(20代男性)というように、彼氏と一緒にいることで損をしているような言い方では、怒りを買ってしまいます。たとえば、結婚する気がない彼氏が相手なら、「将来を考えられる人と付き合いたい」と言うなど、リアルな理由を述べてはいかがでしょうか。

【8】何様?と思わざるを得ない「まだ私のこと好きだと思うけど、あきらめてね」

「勘違い女と付き合っていたことがショック」(20代男性)というように、自分に対する未練を捨てるようにお願いするのはうぬぼれすぎかもしれません。せめて「早くいい人見つけてね」などと言い換えたいものです。

【9】言われなくても連絡したくない「もう二度と連絡しないでね」

「ストーカー扱いされたみたいで辛かったです」(20代男性)というように、関係を断ち切りたいからといって、彼氏の存在自体を拒絶するのは失礼でしょう。「お互い、もう連絡しないでおこうね」などと、傷つけないような言葉を選びたいところです。

好きではなくなったからといって、冷たく本音を言い放つのは彼氏がかわいそうというもの。最後の言葉にも、思いやりを込めましょう。(外山武史)

関連記事