いい加減うざい!彼女の「仕事の愚痴」にイラッとした瞬間9パターン

仕事が辛いとき、とりあえず彼氏に聞いてもらうという女性は少なくないでしょう。しかし、いつもは快く話を聞いてくれる彼氏も、度がすぎると「正直しんどい」と音をあげてしまうことがあるかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「いい加減うざい!彼女の『仕事の愚痴』にイラッとした瞬間」をご紹介します。

【1】一度話して終わったはずの愚痴を蒸し返してきたとき

「それさっきも言うたやん…とウンザリします」(20代男性)というように、同じ話題を何度も繰り返すパターンです。どうしても話を戻したい場合は、「ごめん、もう1回話していい?」と断りを入れ、さらに別の角度から面白おかしく語り直すといった工夫が必要かもしれません。

【2】内容がトラブルではなく相手の容姿や属性におよびはじめたとき

「生理的に無理という意見には賛同しにくい」(20代男性)というように、誰かに対する憎しみまで口にして共感を得ようとするパターンです。「『罪を憎んで人を憎まず』とはわかっているけど、あの人はちょっと…」などと、あくまで今回は例外的な事例であることを強調すると、まだ印象はマシになるでしょう。

【3】アドバイスを求められたのに実行に移さず愚痴をくり返すとき

「相談事なのかなと思っていたら、解決策なんて求めちゃいなかった」(30代男性)というように、彼氏に助言されても無視するパターンです。あらかじめ「相談じゃなくて愚痴だから聞いてもらえるだけでいいの」と前置きすれば、徒労感を与えずに済むでしょう。

【4】彼女にも非があるのに「私悪くないよね?」と同意を求められたとき

「客観的に見ると、原因はあなたですよと突っ込みたくなる」(20代男性)というように、自業自得のトラブルの原因を他人になすりつけるパターンです。彼氏が指摘してきたら「そうかもしれない」と反省するフリをして、いったん話を打ち切るのが得策かもしれません。

【5】「わかってない!」となぜか怒りの矛先が自分に向いてきたとき

「なんでこっちが怒られなくちゃいけないのか」(30代男性)というように、罪のない彼氏を巻き添えにしてしまうパターンです。その原因は「彼氏なら共感してくれるだろう」という思い込みにあるでしょうから、期待せずに最初から「愚痴を聞いてもらえたらいい」と割り切ったほうがよいでしょう。

【6】特別なデートや食事なのにいちいち嫌なことを言い出すせいでムードが台無しになったとき

「せっかく背伸びして高級店でご飯を食べているのに、会話がずっと愚痴だった」(20代男性)というように、TPOを無視して愚痴話を続けてしまうパターンです。ひとしきり話したら、積極的に別の楽しい話に切り替えていきたいものです。

【7】そろそろ寝る時間なのにえんえんと愚痴が続いたとき

「明日も早いから電話を切りたい…」(30代男性)というように、相手の都合も考えずに愚痴に付き合わせるパターンです。とはいえ「時間、大丈夫?」と切り出しても、相手が遠慮する場合もあるので、ここは自分から切り上げるいさぎよさが必要でしょう。

【8】話が下手すぎて怒りや悲しみのポイントがまったくつかみきれないとき

「話すたびに新事実が出てくるし、まず何が不満だったのかもわからない」(20代男性)というように、話下手で内容が伝わっていないパターンです。自覚のある人は、話を聞いてもらう前に、実際にあったことや感じたことを時系列で箇条書きしてみると、改善されるかもしれません。

【9】たびたび「もうあんな会社辞めたい」「限界」と言っているのに辞めないとき

「最近は聞き飽きて『辞めれば?』と提案してるけど意外としぶとい」(30代男性)というように、「辞める辞める詐欺」だと思われてしまうパターンです。「口にすることでガス抜きになってるの」などと開き直ったほうが彼氏も真に受けない分、罪も少ないでしょう。

付き合いはじめたタイミングでは、彼氏もあなたの力になりたいと親身に愚痴を聞いてくれるかもしれませんが、それに甘えていると突然限界がやってくるので、相手の反応はしっかりと観察したいものです。(熊山准)

関連記事