ナイーブな男子にダメージを与える「天真爛漫過ぎる質問」9パターン

純粋に知りたくて質問しただけなのに、男性によっては、それだけで傷ついてしまう場合があるようです。特にどんな質問がNGなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ナイーブな男子にダメージを与える『天真爛漫過ぎる質問』」をご紹介します。

【1】自分に興味がないことが丸わかりな「好きな人はいないの?」

「『お姉さんが相談に乗ってあげる!』的な口調で来られると、もう!」(10代男性)というように、はなから恋愛対象ではないことを思い知らされる一言です。「もしかしたら自分に気があるかも?」という予感が多少でもある相手には、聞かずにおくのが無難でしょう。

【2】コンプレックスをグサリとえぐる「子どものころ、牛乳ちゃんと飲んでた?」

「絶対、飲んでなかったと決めつけていますよね!」(20代男性)など、背が低い男性にはとりわけグサッとくるセリフです。相手が気にしていそうな身体的特徴を話題に選ぶのは無神経だと心得ましょう。

【3】男として見られていないことが如実な「○○君ってなんでこんなに話しやすいの?」

「『弟みたい』だそうで…ガックリ」(10代男性)というように、こちらはポジティブに評価しているつもりなのに、そうとは受け取られないケースです。誤解されたと思ったら、「また話を聞いてもらってもいい?」などと相談相手として頼る姿勢をみせたほうがいいかもしれません。

【4】暗に容姿のことを言われている気がする「いい人なのになぜ彼女がいないの?」

「『いい人だけどブサメンだから』って言いたいんですよね」(20代男性)など、彼女がいないことをフォーカスされて、自暴自棄になってしまう男性もいます。「○○君の良さに気づく女の子も現れると思うよ」など、全力でフォローしてあげたいものです。

【5】ダメ出しされているのに等しい「どうしてその髪型にしてるの?」

「『似合ってると思ってる?』って。リアクションできませんでした」(20代男性)というように、ヘアスタイルに口出しされるのも、自分そのものを否定されたように感じるようです。「こういう髪型も似合いそう」などと提案する言い方にすれば、誤解されずに済むでしょう。

【6】存在感ゼロなことを露骨に示している「あれ?いつからそこにいたっけ?」

「さっきからずっと話の輪に加わってたのに」(10代男性)など、視界に入っていないことをあからさまに突き付けられるのは、影の薄い自覚がある人ほど応えるでしょう。仮に気配すら感じなかったとしても、とりたてて口に出す必要のないことは黙っておきたいところです。

【7】センスのなさを指摘しているかのような「ファッションに興味ある?」

「要はダサいってことですよね…」(20代男性)というように、ファッションにかかわる話題には、地雷が潜んでいるようです。コーデについて指摘するなら、「このシャツなら無地のインナーにするともっと映えそう」などと表現を工夫しましょう。

【8】彼女募集中だということが前提の「私の友達、紹介してあげようか?」

「僕が『彼女がいそうにない』オーラを出してるってこと…?」(10代男性)など、好意で申し出ているつもりが、同時に失礼な判定をしていることになってしまった一例です。「○○君ならもう彼女いるかもしれないけど」という前フリを忘れないようにしましょう。

【9】暗にしゃべり過ぎとdisられている「黙ってればモテるんじゃない?」

「場を盛り上げようと思って頑張っているのに」(20代男性)というように、おしゃべりな男性は、「寡黙なほうがモテるかも」といった軽口にもいちいちカチンとくることもあるようです。「黙っているときもカッコイイね」などと言い換えると良いかもしれません。

おおらかなように見えても実は繊細で傷つきやすい男性は少なくありません。何の気なしに聞く質問も、一呼吸置いてから投げかけるようにしたいものです。(倉田さとみ)

関連記事