悪気がなくてもやめて…!彼氏の嫉妬心を刺激するNG言動9パターン

彼氏のことを愛しているなら、無用な波風は立てたくないもの。たとえ悪気はないのだとしても、ほかの男性への嫉妬心をあおるような振る舞いだけは避けたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「悪気がなくてもやめて…!彼氏の嫉妬心を刺激するNG言動」をご紹介します。

【1】「担当の人がカッコよかった!」と興奮気味に美容院の報告をする

「美容師って、当たり前ですけど髪を触りますよね?そういう相手のことだと思うとちょっと…」(20代男性)というように、職業柄、何らかの身体接触がある男性のことを無邪気に褒めて、彼氏を複雑な心境にさせるパターンです。「担当美容師が男性だった」というだけで不機嫌になってしまう人もいるので、あまり多くを語らないほうがいいでしょう。

【2】「あの人にはなんでも話せるから」と男友達に信頼を置く

「彼女にとっては親友かもしれないけど、俺よりも信頼してるの?と邪推してしまう」(20代男性)というように、男女のフランクな友情関係を信用できず、「何かあるのでは?」と勘ぐってしまう男性もいます。男友達の話題に触れるときは「一番信頼しているのはあなた」と前置きするのが必須でしょう。

【3】「わ、イケメン」とすれ違う男性に目をやる

「自分とまったく違うタイプだからカチンときた」(10代男性)というように、出先で別の男性のルックスに目を奪われてしまい、不穏な空気を招くパターンです。女友達と一緒にいるときのノリは控え、自制するのが彼氏への思いやりかもしれません。

【4】「いつも会ってるから、また今度でいいでしょ?」と友人の約束を優先する

「こっちとの予定をないがしろにするのはどうなの?とムカついた」(10代男性)というように、うっかり彼氏の優先順位を下げてしまい、プライドを傷つけるケースです。埋め合わせのデートを提案するなど、フォローを忘れないようにしましょう。

【5】「すっごくデキる人なの」と職場の先輩を褒める

「そりゃ、仕事の経験値ではかなわないからな…と卑屈になる」(20代男性)というように、先輩や上司を手放しで賞賛すると彼氏に敗北感を抱かせてしまうようです。彼氏が同業界や同職種で働いている場合は、特にコンプレックスを刺激しかねないので気を付けましょう。

【6】「ここよく行ったなー」と、彼氏が知らないデートスポットについて触れる

「自分が知らない男性との過去を匂わされると、つい嫉妬してしまう」(10代男性)など、既に終わった恋愛であっても、わざわざ彼女に語られるのを嫌がる男性もいます。元カレの勤め先や出身地など、過去の交際を連想させるキーワードも禁句と心得ましょう。

【7】「ハグなんて誰とでもするじゃん」と、彼氏以外とのスキンシップに抵抗を示さない

「それ以上も許しちゃうのでは?と心配になってしまう」(10代男性)というように、「ほかの男性とのボディタッチ」は、彼氏にとって非常にデリケートな問題のようです。ノリで誰かとハグしただけでも大事件に発展しかねないので注意しましょう。

【8】「ホストクラブってどんなとこだろ?」と女性向けの夜遊びに興味を示す

「なんでそんなところに関心を持つのかモヤモヤします」(20代男性)というように、ホストクラブなどの女性向けナイトスポットに拒否感を示す男性は少なくありません。うっかり口にしてしまったら、「ああいうところで大金を使う女の子って何考えてるんだろうね」と冷めた口調でごまかしましょう。

【9】「またデートに誘われちゃった」とモテをひけらかす

「『またって!?』とモテぶりが気になって、相手なんてどうでもよくなる」(20代男性)というように、ちょっとしたモテ自慢が彼氏の嫉妬心を煽ってしまうケースです。こと彼氏に対しては、モテ自慢がプラスに作用することはないので、心の中にとどめておきましょう。

彼氏と円満に交際していきたければ、元カレや男友達はもちろん、ほかの男性の存在は必要以上にちらつかせないほうが良いかもしれません。(佐々木正孝)

関連記事