元カノにひどい振られ方をした男性へのアプローチ5パターン

彼女持ちの男性に想いを寄せている場合、二人が別れてしまったときが最大のチャンスです。もし「元カノからひどい仕打ちを受けて別れた」のだとしたら、その傷心を上手にフォローして、何としてもお近づきになりたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「元カノにひどい振られ方をした男性へのアプローチ」をご紹介します。

【1】「つらい目にあったんだね…」と黙って話を聞く

「とにかく気持ちを聞いてあげることで、徐々に心を開いてもらう作戦です」(10代女性)というように、聞き役に回ってひたすら寄り添ってあげるパターンです。「この人と話していると心地がいいな」と思ってもらえれば、自然と距離も縮まるので、安らげるような雰囲気づくりを目指しましょう。

【2】「嫌なことがあればいいこともあるよ」と前向きな言葉を掛ける

「『この子といるとポジティブになれるな』と思ってもらえたら一歩前進」(20代女性)というように、少しでも前を向けるようにそっと背中を押してあげる人もいます。ただし、相手のテンションを無視して、必要以上に「頑張れ」と叫ぶと鬱陶しがられてしまうので、加減は調整したいものです。

【3】「それにしても元カノはひどい女だねー!」と一緒に怒ってあげる

「完全に彼の言い分に同意してあげて、『私はあなたの味方だよ』と刷り込みます」(10代女性)など、「応援団」として自分の存在を認識させる手もあります。とはいえ、いくら別れの経緯がひどかったとしても、一度は愛した元カノを悪く言われると気分を害する男性もいるので、空気は読んだほうがいいでしょう。

【4】「とりあえずなんか楽しいことしようよ!」と気分転換に誘う

「今は元カノの件で頭がいっぱいだと思うので、ほかのことにも目を向けさせます」(10代女性)など、外へ連れ出してリフレッシュを促すのもよさそうです。「久しぶりに元カノのことを忘れて楽しんだよ」と言ってもらえるような楽しいひとときを提供して、また一緒に出掛けたいと思わせたいところです。

【5】「あなたのよさをわかる人は絶対いるから!」とさりげなくアピールする

「『こんなにいい男なんだからすぐに彼女なんてできるよー』みたいな言い回しで好意を匂わせます」(20代女性)というように、励ましながら好意をチラ見せし、こちらに意識を向けさせるケースです。元カノから受けたダメージが癒え始めたタイミングであれば、心の隙にスッと入り込むことも可能になるかもしれません。

相手の心のコンディションに応じて作戦を組み立てていきましょう。(玉川きみか)

関連記事