なぜか自信満々で迫ってくる勘違い男をかわすセリフ5パターン

思わせぶりな態度を取った覚えもないのに、なぜか「俺のこと好きなんだろ?」と言わんばかりの迫られ方をしたら、困ってしまうもの。いわゆる「勘違い男」を撃退するには、どのようなセリフを吐くといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「なぜか自信満々で迫ってくる勘違い男をかわすセリフ」をご紹介します。

【1】「は?」「別に…」「だから何?」とあからさまに冷たい態度を取る

「何を言われても『で?』としか答えず、能面みたいな顔で拒絶のオーラを発しまくります」(10代女性)など、徹頭徹尾そっけない態度で追い払うパターンです。ここで関係が決裂しても何一つ問題ない相手であれば、冷たい態度を押し通して諦めてもらうのが手っ取り早いかもしれません。

【2】「嫌いになっちゃうからしつこくしないで」と頭を冷やしてもらう

「『嫌いになっちゃうから』と言うと、急にシュンとしちゃうので効果絶大です」(10代女性)など、相手の図星をつく言葉で冷静になってもらうパターンです。「嫌われたくないからアプローチを控えよう」と思わせるのが目的なので、すでに顔も見たくないほど大嫌いでも、本心は隠しておきましょう。

【3】「なんでそんなに自信満々なの?」と不思議そうに聞き返す

「『なんで自分は好かれていると思うわけ?根拠は?』と問い詰めたら、さすがに笑顔が固まってた」(20代女性)など、勘違いぶりを正面から正すことで、暴走を止めるパターンです。ただし、「こいつ照れてる…」とポジティブに受け止められる可能性もゼロではないので、その場合は別の手を考える必要がありそうです。

【4】「強引な男の人って苦手」と困ってみせる

「取引先の人とか、お断りしづらい相手には、『強引な人はちょっと』とやんわり伝えます」(20代女性)など、困惑しているポーズをみせて、「もしかして俺って迷惑?」と気づいてもらうパターンです。上司や先輩、仕事上の付き合いのある相手など、はっきり拒絶しづらい男性から迫られたときは、この方法を使うのが無難かもしれません。

【5】「あなたのことは何とも思ってないから」ときっぱり突き放す

「『しつこい!迷惑です』と面と向かって断ります」(20代女性)など、はっきりNOを突き付けるパターンです。どんな手を尽くしても理解を得られないときは、できれば第三者の立会いのもと、「こちらにその気はありません」と申し伝えると、「きっぱり断った事実」を残すことができるので、あとの揉め事の防止にもつながりそうです。

異常なくらいしつこく迫られた場合は、相手をストーカー化させないためにも、誰か信頼できる人に間に入ってもらったほうがいいかもしれません。(紺野竜平)

関連記事