伸ばしかけの前髪をピンアレンジでおしゃれに変身♪基本の留め方もおさらい


目次

伸ばしかけの前髪のアレンジに必要なもの


どの程度の長さがあるかによって、できるアレンジも異なります。ワックスやピンを使うことで比較的短めな前髪でもスタイリングがやりやすくなるので、まずは必要なものを揃えましょう。

1.「ワックス」でアレンジしやすく



前髪を留めたり、ねじったりする前に軽くワックスを馴染ませると、よりアレンジがしやすくなります。
ワックスはハードなタイプよりも、ソフトで伸びがよく束感が出せるものを選びましょう。
付けすぎるとベトッとするので薄付けを意識してくださいね。

2.「ピン」でファッションにアクセント




前髪を留めるピンは目立たないアメリカピンでもいいのですが、あえてアクセントになる個性的なアイテムを使うのもおすすめです。
パッチン止めやクリップタイプなど使いやすいものや、ファッションにマッチする同系色や同素材のものを選ぶといいでしょう。

基本的なピンの留め方


飾り付きのピンは上下がわかりやすいですが、アメリカピンはどちらでも留まるので悩んでしまいますよね。
一度基本を勉強してアレンジに活かしていきましょう♪

【基本1】ピンの向き



アメリカピンは上下がどちらになっても留まることは留まるのですが、正式には短い方が上になります。
上下をきちんとしていると、ピンの尖った部分が頭皮にあたることがないので長い時間留めていても不快になりにくいですよ。

【基本2】ピンの留め方




ピンは長い方を下側にして、少し開いた状態で持ちます。親指と人差し指で支えながら持ちましょう。
そのまま、長い方(下側)を頭皮に添わせるようにスライドしながら髪を留めます。



結んでいない場合は、髪の流れと垂直になるように留めるとしっかり留まりますよ。髪の流れと並行になってしまうと、ピンが取れやすくなってしまうので注意しましょう。



髪の流れがわからない、という人は「×」になるように留めると強度が増すのでおすすめ。

【注意点】ピンの留め方




前髪をねじって留める場合は、ねじっている毛束とベースとなる部分を一緒に留める必要があります。
ねじり終わりの部分を抑えられるとしっかり固定されるので、どの部分がねじり終わりか見極めましょう。(☆の部分)
ベースとなる髪の流れに垂直に留められれば、ピン1本でもしっかり留まります。


伸ばしかけ前髪でできるピンアレンジ4つ


ここからは伸ばしかけでもかわいくなれるピンアレンジを紹介します。

【1】内側だけ残して垢抜け


前髪の表面を左右に分けて内側のみ薄く残して留めると、透け感のある垢抜けスタイルに変身♪
ピンはアメリカピンでもいいですが、あえて目立つパッチン止めなどを使うとこなれ感がアップします。ファッションとのトータルバランスを考えてマッチするピンを選びましょう。

【2】センター分け&ねじりでキュートに


センターで分けた前髪を少しねじりながら左右で留めると大人かわいい前髪アレンジに。
根元を少しふんわりさせて高さを出すと、前から見たときのバランスがよくなります。
ベースにワックスを馴染ませてからアレンジすると、スムーズにできますよ。

【3】ピンを並べて顔周りスッキリ


分けたいけれど、前にくる髪が邪魔。そんなときにも使えるアレンジです。
サイドに並べてピンをどんどん留めるだけなので、不器用さんでも簡単にできます。
あえて種類の異なるピンを並べるのもいいかもしれません。

【4】タイトに留めればまとめ髪にもマッチ


タイトにまとめるアレンジヘアのときに、前髪もすっきり入れ込みたい。だけど長さが絶妙に足りない……、そんなときには耳上をピンでしっかり留めてすっきりさせましょう。
このとき目立たないようにアメリカピンを使うより、あえて目立つピンを使う方がおしゃれ。
タイトなアレンジにちょっとこなれ感をプラスします。

伸ばしかけの前髪をおしゃれに楽しもう♪


前髪を伸ばしていると目にかかって邪魔になりますが、アレンジするにはぴったり♪
ぜひ上手にアレンジをしてストレスなく前髪を伸ばしてくださいね!

提供:Pretty Online

関連記事