韓国のカワイイお部屋の新定番「マントルピース」ってなに?

目次

マントルピースって?

マントルピースとは、暖炉の焚き口の上の部分、周辺に設けられる装飾のこと。
装飾はおもに大理石や石造のレリーフ、柱型が用いられていました。
上部は壁の一部としてデザインされ、鏡、絵画などが装飾として用いられるように。

このマントルピースが今、韓国のお部屋の新定番になっています。

暖炉の装飾ではなく、飾り棚として活用しているのがほとんど!では韓国のオシャレなお部屋ではどんな風にお部屋を飾っているのでしょうか?

韓国のオシャレなお部屋のマントルピースはどんな感じ?

韓国のオシャレな部屋の定番になりつつ「マントルピース」。活用の仕方の定番をいくつかご紹介させていただけます。

白を貴重したもの

暖炉周りのものはアンティークさがあるイメージですが、このような白を貴重としたものは韓国らしいシンプルなお部屋にも溶け込みます。

明るいお部屋にもなりますし、シンプルさも保ったままで、より自分らしいインテリアが映えますね。

キャンドルを置く

暖炉を思い出す、暖かい空間にしてくれるのがキャンドル。LED型のキャンドルを置いて雰囲気を出すのも素敵です。

お気に入りの本を置く

お気に入りの本を置いてもオシャレ。本棚スペースとして活用。

雑誌やデザイン本などを置くとオシャレ度が上がります。

鏡を置く

鏡を置いてプチドレッサーのように活用することも可能。賃貸で鏡をかけられない、貼り付けられないという方にもおすすめです。

自分のお気に入りの鏡を置いて、自分の気分をあげる場所に。

大きな鏡をおけばお部屋を広く見せてくれる効果も。

暖かく、オシャレな部屋にするならマントルピース

意外と場所を取らないマントルピースであればワンルームなど狭いお部屋もオシャレに、収納スペースとして追加できます。

自分らしく彩ることができるマントルピースはお部屋を明るく暖かく見せてくれます。

マントルピースを取り入れて自分だけの素敵な空間を作ってみてはいかがでしょうか?

ライター/yurina

関連記事