【保存版】流行に左右されない”Valextra(ヴァレクストラ)”憧れの名品バッグ特集

【保存版】流行に左右されない”Valextra(ヴァレクストラ)”憧れの名品バッグ特集の1枚目の画像
出典:www.instagram.com
目次

最上級レザーバッグ『Valextra(ヴァレクストラ)』

「イタリアのエルメス」とも呼ばれる『Valextra(ヴァレクストラ)』。
少しハードで艶があるレザーが特徴で、クリーンな設計や軽さ、シャープなデザインが魅力的なブランドです。

どのアイテムも芸術品のように美しく繊細で、デザインはシンプルでミニマル。
無駄を一切省いた機能美と洗練さを追求しています。

『Valextra(ヴァレクストラ)』最大の特徴は「ノーロゴ」であること。
ロゴモチーフがトレンドですが、この時代だからこそノーロゴが逆に新鮮に見せてくれます。
そんなノーロゴのアイテムは流行に左右されず、タイムレスに持てるバッグの由縁でもあります。

ISIDE(イジィデ)

Valextra(ヴァレクストラ)の魅力を最も体現する美しいバッグ。
昼夜問わず様々なシーンで活躍するISIDEは、特に人気のあるシリーズです。

ミニマルなシルエットでどんなスタイルにもマッチする優秀なデザイン。
ワンハンドルでエレガントに合わせるのはもちろんのこと、取り外し可能なショルダーストラップでクロスボディにできる2way仕様。

『見た目以上に収納力も抜群なアイコンバッグ。
お気に入りのサイズをチョイスして!』

PASSEPARTOUT(パスパトート)

PASSEPARTOUTはValextra(ヴァレクストラ)の中で最も汎用性の高いバッグ。
ハンドバッグ、トートバッグ、ダッフルバッグとして持ち運ぶことができる機能性抜群のアイテムです。

PCが入る便利なサイズ感、そしてサイドのポケットを外してクラッチとしても使えるという現代女性に嬉しい魅力がたっぷり詰まっています。
超軽量のPASSEPARTOUTはオンオフ合わせられる出番が多くなること間違いなしのバッグに。

SERIE S(セリエエス)

60年代の柔らかく丸みを帯びたラインが印象的なSERIE S。
ミニマルなコロンとしたシルエットは、知的で洗練された女性に相応しいデザインです。

光沢のあるレザーは上質なカーフスキンを使用し、滑らかで手触りの柔らかさが特徴。
前面にジッパー付きポケットと背面に2つのポケットがあり、内側にはVカットの便利なポケットと
デザインだけでない機能性も愛用者が多い理由です。

TRIENNALE(トリエンナーレ)

前面と後面の形が異なるという、遊び心のあるアシンメトリーなデザインが魅力のTRIENNALE。
モダニズムを愛するValextra(ヴァレクストラ)のデザインの原点が反映され、フォルムと機能性を融合させたバッグです。

コンパクトなシェイプは、スタイリングしやすく、手に持っても、肩にかけても、斜めがけも可能。
マグネット式留め具とスナップボタン式留め具のストラップが付いていて容量を広げられるユニークな構造です。

TRIC TRAC(トリックトラック)

鍵、コイン、領収書を前後に小さな箱に投げ入れたロンドンのタクシー運転手からインスピレーションを得たTRIC TRAC。
前衛的なスタイルで機能的なシンボルバッグです。

まるでアクセサリーのような個性溢れるタッチのデザインは、印象的なスタイリングに仕上げてくれます。
唯一無二のバッグはコーディネートの主役にぴったりです。

BUCKET BAG(バケットバッグ)

ソフトな形状で実用的なBUCKET BAG。
歴史あるValextra(ヴァレクストラ)の中でも新しい要素が詰まったデザインです。

とても軽量で持ちやすい大きさもさながら、前面のポケットはスマホがすっぽりと収納できるサイズやリング付きなのでポーチやキーリングを付けたりと痒いところに手が届く高機能が人気の理由です。

あなたのお気に入り”Valextra”はどれですか?

歴史あるクラシックなスタイルにモダンなテイストがMIXされたValextra(ヴァレクストラ)。
一生モノの名品バッグにぴったりのデザインが豊富に揃っていますよね!
あなたのお気に入りは見つかりましたか?

ライター/立澤なつき

関連記事