【お鍋】の季節がやってきた!!今年はちょっとイイ鍋を買って、おうち時間を楽しまない?

【お鍋】の季節がやってきた!!今年はちょっとイイ鍋を買って、おうち時間を楽しまない?の1枚目の画像
出典:www.instagram.com
目次

納得のいく一生モノの「鍋」を見つけてみない?

本格的な冬の到来とともに、暖かいお料理がおいしく感じられる季節になってきました
とくにこの冬は外食の機会も減り、おうちで《鍋料理》ということが多くなっているようです。

『そこで早速まとめてみました!!
なんで《鍋料理》って、そんなに人気なの?』

鍋料理が人気の理由

1.調理の手間がかからない
2.体が温まる
3.野菜がたっぷりとれる
4.出汁や具材で様々な鍋を楽しめる

洋風から和風、エスニックな鍋まで、グザイを切って煮込むだけ!! 栄養バランスにも優れているうえ、体の芯から温まれる そんな理由から多くの人たちが冬の《鍋料理》を楽しんでいるようです。

そこで今回は、《鍋料理》に使いたい世界各国の機能的でオシャレな「鍋」をご紹介します。
さっそくチェックしてみましょう!!

無水料理にピッタリ鋳物ホーロー鍋

鉄鋳物の上にガラス質の釉薬を施した「鋳物ホーロー」。
『Le Creuset(ル・クルーゼ)』や『Staub(ストウブ)』をはじめとする、無水料理にも適したお鍋で広く知られています。

鋳物ホーロー鍋のメリットとデメリット


■メリット
・熱の伝導効率が良いので、弱火で調理できる
・均一に熱が伝わるため、煮くずれしにくい
・密閉性が高いので、無水料理もおいしく仕上がる
■デメリット
・鋳物のため重い
・衝撃により、破損の恐れがある

『ポップなカラーが印象的な鋳物のホーロー鍋。厚みのある構造なので、保温性が高いだけでなく均一に熱が回るため、荷崩れしにくく素材本来のうまみを引き出してくれるんですね!』

オールマイティに使いまわせるステンレス鍋

丈夫なうえにどんなお料理にも適しているのがステンレス製の鍋。いちど温まると冷めにくいという特徴から、煮込み料理を中心に用いられています。スッキリとしたデザインなので、どんなキッチンにもなじみます。

ステンレス鍋のメリットとデメリット


■メリット
・保温性が高いので、煮込み料理に適している
・耐久性に優れている
・どんなキッチンにもスッキリと馴染む、シンプルなデザイン
■デメリット
・熱伝導率が悪いので、焦げ付きやすい

収納に便利!! 重ねてしまえる鍋

狭いキッチンにつきものなのが、収納のお悩み。
いろいろな大きさの鍋は欲しいけれど、しまう場所がない!! というお悩みも、取っ手の取り外しができるお鍋が解消してくれます。

『取っ手の取り外しができる鍋は、食器のように直接テーブルにおいてもオシャレ!! そのうえ重ねられるので、狭いキッチンでもラクラク収納できます』

さすが、本場!! 韓国の優秀な鍋

寒さの厳しい韓国では、冬になると毎日のように鍋料理を食べるそう。鍋文化の発達した感覚では、鍋料理のバラエティも豊かなのに加えて、使いやすい鍋も充実しています。
そこで、ここからは韓国発のおすすめのお鍋をご紹介します。

▼蓋の部分に、吹きこぼれの防止機能を備えた『Deco View(デコヴュー)』の鍋セット。アルミ素材にセラミック加工を施しているので、熱伝導率もよく焦げ付きにくい優秀品!!

▼職人の手作りの真鍮鍋は、韓国を代表する伝統的なお鍋。真鍮の鍋は、なんといっても保温性が高いため煮込み料理にピッタリ!! また、食中毒などの原因菌を減少させることでも知られているので、衛生的に使うことができます。

▼遠赤外線効果によって、食材の内側までじっくりと熱を通し、柔らかくふっくらとした味わいが楽しめる土鍋。ガスコンロはもちろん、オーブンや電子レンジ、食洗器もOKの使い勝手が良い土鍋をお探しの方にオススメです!!

いかがでしたか?

12月に入り、寒さも一段と厳しくなってきました。
今年の冬は、機能的な鍋で美味しく健康的に鍋料理を楽しんでみませんか?

ライター/MEG

関連記事