小回りが効いて使い勝手◎ワゴンシェルフを使ってみない?

小回りが効いて使い勝手◎ワゴンシェルフを使ってみない?の1枚目の画像
出典:www.instagram.com
目次

どこでも使えるワゴン収納

ワゴンシェルフとは、オープンシェルフにキャスターがついたタイプの収納家具。アイテムによってはハンドルがついているものも多く、デザインも豊富です。用途・目的に応じてタイプが微妙に異なり、使える場所も選びにくいのも大きな特徴です。

ワゴンシェルフのメリット

ワゴンシェルフ最大のメリットはなんといっても「ワゴンごと収納物を移動させることができる」点に尽きます。必要に応じて移動できるので、一空間で使うものが多いものの収納や、頻繁に動かすものを収納するのに最適です。

『シェルフごと動かせるということは、シェルフ下のお掃除も簡単に。』

また、ワゴンの特性上コンパクトなものが多いのも、スペースが限られた空間で生活している方にとっては大きなメリット。収納部分はオープンシェルフとなってるため、収納棚としてもディスプレイとしても活用できるのも魅力的ですね。

ワゴンシェルフのデメリット

キャスター付きで移動させやすい移動型シェルフですが、特に軽量なスチールワゴンシェルなどは動かしやすい分倒れやすくなっていることもあります。重たいものは最下段に乗せるようにして倒れにくいよう工夫しておきましょう。転倒防止ストッパーが付いたものを選ぶのもおすすめです。

また、ワゴンシェルフはオープンシェルフのためほこりが溜まりやすいことも。使用しない時はファブリックを掛けておくのがおすすめです。

『動かしやすいよう、耐荷重もチェックしておくとgood!』

機動力抜群なワゴンシェルフの実例集

動かしやすく、置く場所を問わず使えるワゴンシェルフ、皆さんどのように使っているのでしょうか?おしゃれで便利なワゴンシェルフを使っているお宅をチェックしてみましょう

仕事スペースのちょっとした収納ディスプレイに

オープンシェルフのワゴンなら、デスク脇に置いておけば必要なアイテムもすぐに取り出して収納することができます。使用頻度の高いものを置いておくとさらに使いやすさを実感できることでしょう。

リビングでのくつろぎタイムに

華奢なアイアンが素敵なバーカートタイプのワゴンシェルフ。
お酒やグラスなどを収納される方が多いワゴンシェルフで、お気に入りアイテムと一緒にワインボトルなどコレクションを飾っておくだけでホームバーコーナーができあがります

『近くにスツールなどチェアを置けば、バーっぽさもさらにアップしますね。』

こちらの記事もチェック

こちらのように、オーディオやコーヒーメーカーを置いて、くつろぎタイムをさらに充実させてみるのも素敵ですね。リビングにいながらコーヒー作りや音楽再生を一ヶ所でまかなうことができます。

工夫次第で家事が楽に?!

IKEA(イケア)のベストセラー家具の一つに、こちらのワゴンシェルフ・RÅSKOG(ロースコグ)があります。そのまま使うのも良いですが、天板を付けると高めの作業台として活用することも可能に。こちらのご家庭は天板に家電、花壇にカトラリーやお鍋を置いて作業動線を短くしています。

こちらはアイロン台を置いて完全家事仕様にカスタマイズ。
アイロン本体はもちろん、裁縫道具など衣類関係の備品も一緒に収納・管理・移動ができるのもワゴンシェルフならではですね。

『アイロン台など上に何か乗せてワゴンシェルフを使う場合は、こちらのように安定感のあるデザインのものを選んでおくと安心です。』

お庭・テラスでのティータイムに

軽量なタイプのものなら、そのままお庭やバルコニーに出してお食事やドリンク、読書を楽しむことも可能に。こちらのように、観葉植物をまとめて日光浴・移動させる用途で使うのもおすすめです。

お気に入りアイテムのディスプレイに

ディスプレイ専用棚として使っているお部屋。
お気に入りのコスメやシューズ、雑貨などをディスプレイすれば、よりオリジナリティのあるお部屋を作れますね。明日使うものやバッグなどを置いておいて朝準備に役立ててみるのも良さそうです。

ワゴンシェルフでさらに機能的&おしゃれなお部屋に

比較的小型で、好きな場所・使いたい場所へ収納物ごと動かせるワゴンシェルフのメリットデメリット、おすすめの使い方などをご紹介してきました。小回りのきくワゴンシェルフはお部屋をより機能的に使うのに最適な家具。収納シェルフや家事用シェルフ、ディスプレイシェルフなどなど、お部屋のバージョンアップや収納アレンジにぜひ活用してみてはいかがでしょうか

ライター/モチヅキ アヤノ

関連記事