ちょっとがっかり……男性が手抜きだと感じてしまう女性からのLINE

今や日常会話で最も使用するツールとなったLINE。メールよりも手軽なぶん、やり取りがひんぱんになり、返信するのが面倒くさくなってしまうこともしばしば。
例え恋人同士だったとしても、やり取りが続けばそれがストレスになってしまいます。そこで今回は、手抜きしていると見透かされているLINEの返信3パターンをご紹介します。

目次

1:「へー」などの即レス

これは既読スルーを避けるためにやる人が多いですが、あまりの投げやりさに相手にムッとされてしまう可能性が。せめて相手が送ってきた話を繰り返すなどして、聞いている感を出した方がいいかも。

2:スタンプ連打

面倒くさくなってくるとスタンプを多用する人がいますが、スタンプを立て続けに送りつけて相手をイラつかせてしまうパターンになりがち。特に、似たようなスタンプばかり使い続けると、やる気がいない印象を決定づけてしまうでしょう。

3:浅い返事

真剣に悩みを相談したのに「大変だったね」の一言で片付けるなど、深刻な話をしているにもかかわらず浅い返し方をしてしまうケース。
自分に置き換えても、真剣な話をしているのにあっさり一言で片付けられてしまったら、やはり傷付いたり不快に思ったりするのではないでしょうか?
真剣な話題は面倒くさがらず、じっくり話を聞いてあげるようにしましょう。
p

おわりに

もともとLINEでのやり取りが得意ではない女性が無理をしてLINEを頑張ると、気持ちが入っていないと思われてしまうようです。
LINEは面倒くさいこともありますが、現代の代表的なコミュニケーションツールのひとつなので、きちんと使いこなせた方がいいかもしれません。
(yummy!編集部)

関連記事