「長続きLINE」と「事務連絡LINE」恋愛がうまくいくのはどっち?

毎日何通もこまめにやりとりをする長続きLINEと、用事があるときだけ送る事務連絡LINE。
どちらが正解かはわかりませんが、実際に「LINEの頻度が合わなくて別れることになった」というカップルも少なくありません。
では、実際に長続きLINEと事務連絡LINEでは、どちらが恋愛的にうまくいきやすいのでしょうか。

目次

長続きLINEは話すことがなくなっちゃう?

長続きLINEのデメリットとしては、どちらかが無理に相手に合わせているかもしれないことが挙げられます。
「本当はLINEしたくないけれど、スルーしたらキレられそうだしな……」とイヤイヤLINEを続けていると、必ず爆発する日が来ます。
話し合いができればいいですが、もし彼が「LINEで束縛されていたのがイヤ」と言い出したら、修復は難しいかもしれません。
また、ダラダラとLINEを続けることで、直接会ったときに話すことがなくなってしまう場合もあります。そうするとあんなにLINEでは盛り上がっていたのに、デートは味気ないものになる可能性が。
長続きLINEをするにしても、自分の話は小出しにするくらいがちょうど良いかも。

事務連絡LINEは寂しがり屋には向かない

事務連絡LINEのデメリットとしては、やはり寂しがり屋な女性には向かないことが挙げられます。「こんなにLINEがそっけないってことは、私のことが好きじゃないんだな」と捉えてしまい、ほかの男性に目移りしてしまう可能性もあるでしょう。
こればかりは誰が悪いわけではなく、彼との性格が合わなかっただけ。別れは仕方ないことでしょう。
また、出会って間もないのに事務的LINEばかりだと、そもそも「俺に興味がないのかな?」と思われてしまう可能性もあります。
LINEが苦手な女性も、ある程度は会話のラリーを続けたほうが良いかも。そのほうが好意を感じやすいので、男性もアプローチがしやすくなります。

「長続きLINEと事務連絡LINE」は状況で使いわけよう!

上記の点を考えると、長続きLINEは交際前~交際初期に効果的かも。お互い好意があってLINEも楽しい時期でしょうから、苦にならずにやり取りを楽しむことができます。
また、直接会える機会が少ない、遠距離恋愛のカップルにも、長続きLINEは支えになってくれるはず。マメにやり取りをすることで、会えない時間も多少は不安が軽減されるでしょう。
一方で彼とは定期的に会えて、かつある程度交際が長くなってきたら、事務連絡LINEに切り替えたほうが良いかも。「この日のこの時間に集合ね」とだけLINEして、あとは直接会ったときに話すようにしましょう。
そのほうがデート中の会話が尽きず、より会うのが楽しくなるはずです。

さいごに

もちろん長続きLINEと事務連絡LINE、どちらが正解なんてことはありません。いくら事務的LINEに移行したくても、マメな連絡に愛情を見出す女性には難しいでしょうし、逆に遠距離恋愛でも長続きLINEは必要ないと考える人もいるはず。
カップルによって合う合わないは必ずあるので、ふたりでベストなLINEの向き合い方が見つかると良いですね。
(和/ライター)

関連記事