男性が奢ってくれなかった……その理由は自分にあるかも?

かつては私自身も婚活していたため、婚活市場をさわがすネタにはつい敏感になるのですが、最近よく聞くのは「初デートで男性が食事を奢るのか? 割り勘にするのか?」というお話です。
おごってくれないことにいら立つ女性も少なくないようですが、その怒りに違和感を覚えるのは私だけでしょうか?
今回は、男性がどういう尺度で奢るか、奢らないかの判断をしているのか、考えていきたいと思います。

目次

男性は「奢ってもいい女性」を選んでいる

バブル期であれば、デートで食事に行き女性に払わせるというのは、ひどくみっともないことだったかもしれません。でも今は、男性が必ず全額おごるというルールはどこにもないでしょう。
そもそも上司と部下だとか、先輩と後輩といったお付き合いがある相手ならまだしも、アプリや婚活パーティーで知り合った男性との初デートであれば、割り勘になる可能性もあると思います。
理由は、男性の多くが「おごりたいと思える女性にしかお金を出さないから」。
もっと話したい、また会いたいと思う相手には喜んでお金を出すでしょうが、期待はずれだった場合は男性におごる理由がありません。
つまり、初デートで食事代が割り勘だった相手は、男性がナシ判定を下したということ。本人からハッキリした言葉が出ないとしても、そう受け止めるのが賢いでしょう。
また、お互いに何となくでも「違うな」と感じてもなお、男性におごってもらおうとするのは卑しくないでしょうか? デートではなく、ただの食事会になってしまったなら、自分の食べたもののお代くらい自分で払うべきかと思うのですが。

誰もが「選ぶ側」であり「選ばれる側」でもある

婚活は理想の相手の条件を明確にして、それに見合う人を探すことから始まります。
ただ、結婚相手の条件をあげていく中で、なぜか自分が「選ぶ側の人間だ」と思い込む人が少なくなく。選ばれる側でもあるという認識が抜け落ちてしまうことがあるのです。
それは時々、年収1000万円を超える男性と結婚したいという高望みとしてあらわれたり、アプリでマッチングした男性と会ったら割り勘だったという怒りとして噴出したりするのでしょう。
女性と同じように男性も理想の相手の条件を掲げていて、結局はそうした条件にハマる人にしか誰も反応しないわけで……。
年収1000万円を得る男性は基本的に頭が良く、人を見る目が肥えているので、お金目当ての女性はすぐに見抜いて選択肢にも入れません。
たとえマッチングアプリのプロフィールで、デートの費用は『男性が全額出す』としていても、好きになれないと確信した女性に男性はお金を出したくないのです。

求められる人間になることが大事

私は、ありのままを愛してほしいという主張を傲慢だと感じる派なのですが……恋愛対象として求められる努力は絶対に必要だと思っています。何もしないで注目され、愛されて幸せになれる人なんていません。
生まれつき美形の女性だって、自分を良く見せる工夫や努力を怠らないからモテるのであって。ノーメイクにジャージを着てぐうたらしていれば、男性に「顔がキレイなのに残念な人」と思われるだけでしょう。
外見や内面を磨く努力はもちろん、婚活というシチュエーションでは仕事をがんばることも大事。男性に選ばれる条件に入ってくると実体験から感じています。
女性に高年収を求める男性は少ないでしょうが、「なぜその仕事をしているのか」「真面目に仕事に取り組んでいるか」はチェックされるはず。そこに人間性があらわれることと、結婚後に共働きになるのか、結婚・出産後も続けられる仕事なのかどうかが予測できるので、男性も無視できないのでしょう。

好きでもない男性とはキスしないのと一緒

当たり前の話ですが、彼氏でもない男性とはキスしませんよね。恋愛対象外の人には、肩に触れられるのもイヤだと思うはず。
男性の「好きでもないオンナにお金を払いたくない」という感覚は、女性のそうした嫌悪感に近いかもしれません。
今は30代男性の平均収入が400~500万円台といわれますし、婚活男性がムダな出費をできるだけ避けたいと考えるのも当然の話。女性が「男性におごってもらって当たり前」と思うことのほうが、時代錯誤しているように感じます。
男性に選ばれ好かれる魅力を、自分はどれだけ持っているのか。
そこを正しく把握できるなら、デートで割り勘になって怒るということはないように思うのです。
(沙木貴咲/ライター)

関連記事