元彼に浮気された女性が、今彼に絶対しちゃいけないこと

過去に数え切れないほど浮気をされた経験があります、沙木貴咲です。
私は何度か歴代彼氏に裏切られましたが、浮気は一度経験すれば十分な地獄案件でしょう。
人間不信に陥ってネガティブになり、不幸な恋しかできなくなる場合もあります。それは、浮気された経験があるからこそ、してしまいがちなことが原因。今彼に絶対にしちゃいけないことがあるんです。

目次

自分を守るつもりが、逆に傷つけることに

過去に浮気された経験があると、警戒心が高まって二度と同じ思いをしたくないと自分を守る意識が高まります。
元彼はLINEを既読スルーして浮気していた。
「忙しい」と言って会わない時、元彼は別の女と会っていた。
そんなことを思い返しながら、何重にも防御線を張ろうとするんです。
たとえ今彼に浮気の可能性がなくても、LINEを既読スルーされると危機感を募らせたり、親しい女友達がいるとわかれば「浮気相手?」と疑ったりするでしょう。
杞憂もはなはだしいのですが、本人は真剣そのもので過去の私もそうでした。
浮気のショックは経験した人にしかわからないでしょうが、愛されているはずの自分が裏切られていたとわかった時の絶望感たるや、一瞬で地獄に突き落とされるという表現がふさわしいはず。
だから、無意識のうちに自分を守ろうとするんですが……そうすると、今彼をやたらと疑うことになり、痛くもない腹を探られる今彼は面白くなく、不機嫌さを彼女にぶつけることになる……というダメ循環ができ上がります。
浮気されないようにと自分を守るつもりが、めぐりめぐって自分を傷つけることになってしまうのです。

今彼の本音

今彼からすれば、彼女の過去恋愛がどうだったとしても、「今のキミが好き」なんです。
元彼の浮気を引きずっていると知って、「かわいそう」と同情することは少なく、「まだ元彼にこだわっているの?」と不愉快になるのがほとんど。
男性はそもそも、彼女の元彼の話を聞くのが大嫌いです。ネタが浮気だろうが何だろうが、嫌なものは嫌だし、思い出してほしくありません。
ましてや、元彼と自分を同等に見て浮気を疑われるなんて、屈辱でしかないでしょう。
「そういう風に見るんだったら、もういいよ」と、気持ちが冷めてしまうかもしれません。
過去の浮気にこだわりすぎると、今彼をガッカリさせて嫌うように仕向けることになるんです。

過去は過去。忘れて今に生きるのが一番

浮気が重いトラウマになっている場合、簡単に忘れることはできないかもしれません。でも、今の彼氏に嫌な思いをさせて、何の問題もない幸せを自ら壊すのであれば努力して忘れるべきでしょう。
それは今彼のためだけでなく、自分のためにも必要なこと。
良い意味で忘れ上手になり、過去は過去として割り切らないと、目の前の幸せを実感できなくなってしまいます。
自分を愛してくれる人がいるのに、むやみに疑って否定するのは無意味なこと。もったいないと思いませんか?

今彼が浮気……?

では、もし今彼に杞憂では済まない言動を見てしまった時、どうすればいいのか?
決定的な証拠をつかんだなら容赦なく追及していいですが、ハッキリとした証拠がない場合は、「疑わしきは罰せず」で深掘りしないことです。
やっぱり自分の思い過ごしかもしれませんし、たとえ彼が本当に浮気をしていたとしても、ウソをつくなら最後まで完璧につき通してくれたほうがマシ。
小さなほつれを自分でほじくって悲しい事実を知るよりは、あえて騙されて知らぬが仏でいるのが賢いかと。
ただし、浮気はあくまで気の迷いで、彼が変わらずに自分を愛してくれるならば。
彼が浮気するかどうかは確かに気になりますが、自分が彼を信じるかどうかで幸福感はだいぶ変わってきます。
見えないものに執着するのではなく、ハッキリと目に見えている幸せを確実に手に入れていきましょう。
(ライター/沙木貴咲)

関連記事