女性が「本当に結婚できるのかな…?」と不安になる瞬間3選

結婚はしたいと思っているけれど、今はまったくそんな気配がないと、私って本当に結婚できるのかなあと弱気になったりしますよね。ですが、「結婚」そのものがプレッシャーになってしまっては元も子もありません。そこで、どんなとき、弱気になるのかを探ってみました。

目次

キリのいい年齢が近づいてきたとき

やはり一番多かったのは、キリのいい年齢が近づいてきたときでした。「30歳前になって、このまま誰とも出会えず30歳を過ぎたらどうしようと、毎日が不安でした」との声が上がっていました。
ただ、これも「過ぎてしまえば意外となんてなく、毎日楽しくなりました」なんてこともあるので、30歳になるまでが一番不安になるのかもしれませんね。
また、年齢で言えば出産を意識するのが同じくらいなので、余計にしそうなるのかもしれません。ただ、今まで腰が重い人が年齢を意識してから、前向きに行動することが多々ありますので、いい意味でプレッシャーを感じるのもアリですよ。節目だと思って、キリのいい年齢のときは自分の人生設計を考えてみませんか。

周りがどんどん結婚していくとき

自分だけじゃなく周りも思うことは同じなのか、キリのいい年齢が近づくと、女友達もどんどん結婚していくことが多いです。そうなると、ますます自分だけが取り残されている気がして、不安が募ります。
ですが、結婚というのは、相手と自分がするものであって、女友達は関係ないものです。自分の人生設計を考えるのはいいことですが、不安に踊らされないようにして、なるべく冷静に考えましょう。

彼氏がいても不安

彼氏がいても結婚を決意してくれなさそうだと不安が募ります。このまま、結婚しない人と付き合っていてもいいのかな、という心配が沸くのですね。
ですが、結婚しない人と付き合っているということは、もしかして、あなた自身も結婚を望んでいないかもということもありえます。まさか、と思う前に、もう一度自分の気持ちを見つめ直してみましょう。その上で、彼氏ときちんと話し合いましょう。話し合いを先に延ばしているからこそ不安が募るのかしれません。口に出して話し合えば意外とそれだけで問題が解決することもあります。

おわりに

結婚だけが人生の幸せではありませんが、年齢を重ねるにつれて「一生独り身だったら」と考えて不安になることもありますよね。
弱気になるときには、やはりそれなりに理由があるものです。ですが、自分がそれとどう向き合うのか、また、そこに結婚以外に問題はないのか確認してみるのも大事です。そもそも自分は本当に結婚したいのだろうか、と原点にもどるのもいいかもしれません。
(yummy!編集部)

関連記事