結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?

一番好きな人と結婚するよりも、2番目に好きな人と結婚する方が幸せになるって、本当なのでしょうか? なぜそのように言われるようになったのか? メリットとデメリットをまとめました。また本当に2番目に好きな人と結婚した結果、どのように感じたか実際のエピソードも紹介します。

目次 [開く]

結婚相手には2番目に好きな人を選ぶべき?

他に好きな人¥がいても、様々な理由から1番目に好きじゃない人を結婚相手に選ぶ人もいます。なぜ2番目に好きな人と結婚するのがいいと言われているのでしょうか?
メリットとデメリットをまとめました。

2番目に好きな人を選ぶべきメリット(1)頑張り過ぎない

1番好きな人と一緒にいると、「嫌われたくない」や「もっと好きになってほしい」という気持ちが働きます。彼のためにがんばるのは恋愛の醍醐味ですが、長く続く結婚生活だとしんどくなります。ありのままの姿を見せるために、適度に好きな人と一緒にいようとする人もいるのでし。

2番目に好きな人を選ぶべきメリット(2)相手に期待しない

一番好きな人に対しては期待値が高くなるもの。理想の王子様のように感じる人もいます。彼の短所が見えると、大きくショックを受けるのもそのため。2番目に好きな人となら、過度に相手に期待しなくていいメリットがあります。

2番目に好きな人を選ぶべきデメリット(1)後悔が生まれる

2番目に好きな人と結婚して、幸せな生活が続けばいいですよね。しかし結婚生活を送る上で、夫うまくいかないことや問題が起こることもあります。1番好きな人となら簡単に乗り越えられそうな問題でも、2番目に好きな人と結婚したことで「なぜこの人を結婚したんだろう?」と後悔する瞬間も。3組に1組は離婚する現代では、夫婦円満を続けることは難しいのかもしれません。

2番目に好きな人を選ぶべきデメリット(2)1番好きだった人のことを思い出す

SNSや共通の知人を通じて、1番好きだった人がどうしているのか、近況を知ることもあるでしょう。1番好きだった人とうまくいかなかった未練から、結婚後も気にかけてしまう人も。ふとした瞬間に切なくなるかもしれません。

2番目に好きな人を選ぶべきデメリット(3)ときめきがない

1番好きな人ではないため、結婚生活で感情的になりません。常に心に余裕があり、冷静に客観的に物事を見ることができます。あくまで家族として接するため、ドキドキすることも少ないでしょう。結婚生活にときめきを求めないことを良しとするなら、いいかもしれません。しかし「なぜこの人と一緒になったのかな」と虚しくなる瞬間が訪れる可能性はあります。

2番目に好きな人と結婚したら、どうなった?(1)友達夫婦がうらやましい

「婚活中、とにかく結婚したくて2番目に好きな人と結婚しました。婚約や結婚式などは幸せだと思っていました。しかしひとりになると心に引っかかることが。幸せそうな友達夫婦を見ると、本当に自分の結婚は正しかったのか疑問に思うんです。友達夫婦は大恋愛の末に結婚して、心底嬉しそう。正直、うらやましいです。そこまで結婚生活を楽しめない私は、間違っていたんじゃないかと感じます」( Uさん・31歳/教育)

2番目に好きな人と結婚したら、どうなった?(2)生活のパートナー

「2番目に好きな人と結婚し、夫は生活を共にするパートナーと割り切っています。生活は安定してるけど、ときめきはありません。夫婦の営みはあるけど、虚しく感じることも。結婚ってこんなものなのかな、と感じています。きっとこれでいいんだと思います」( Sさん・30歳/建設)

一番好きな人と結婚してもいい

本当に好きな人と結婚すれば、好きゆえの苦しみがあっても、結婚生活が幸せだと感じることの方が多いでしょう。2番目に好きな人と結婚するメリットはあっても、あえて2番目に好きな人を選ぶ必要はないかもしれませんよ。
(番長みるく/ライター)

関連記事