血液型別×12星座|ダメ恋を選びやすいランキング

恋をするたびに、ダメ男に引っかかってしまう……。
そんな恋の連続では、「この先、いい恋愛はできないのかな」と自信がなくなってしまう女性もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、ダメ恋を選びやすいタイプを、血液型と星座で分析してみました。
自分自身を見つめ直すことで、いい恋愛をするヒントが見えてくるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

第一位:射手座×B型

射手座は、熱しやすく冷めやすい傾向があります。楽しいことが好きで、ポジティブな射手座は、自分の興味の持ったことに一直線で、即行動です。しかし、一度ダメだと思ってしまうと、たちまち諦めてしまいます。B型も熱しやすく冷めやすいタイプで、恋には一途なのですが、相手のイヤなところが目についてしまうと、たちまち気持ちが冷めてしまうのです。
惚れた相手がいい男なら、相手がうまくコントロールしてくれる可能性はありますが……。ダメ男に惚れてしまった場合は、自分でブレーキをかけることができないので、結果自分が傷ついてしまうことも多いでしょう。
射手座もB型も自分を客観視することが苦手で、自分の気持ちをコントロールすることが苦手なタイプです。好きな人ができたら、親しい友人に紹介するなどして、第三者の目を入れられると、恋にバランスが生まれやすいでしょう。ひとりで暴走せず、親しい人に恋愛の相談ができるといいかもしれませんね。

第二位:牡牛座×A型

牡牛座は一度好きになった人には一途に愛せるタイプです。牡牛座は穏やかで誠実な人となりなので、好きになる人さえ間違わなければ、好きな人との関係は穏やかで平和な付き合いができるでしょう。A型も真面目で常識人で、人に尽くせるタイプなので、恋愛は長続きする傾向にあります。しかし、どちらも依存心が強く、好きになった人への独占欲が強いです。好きな人の前では甘えん坊になったり、束縛も強かったりするでしょう。
そのため、ダメ男に引っかかってしまうと、あとが大変です。なかなか別れることができず、傷つくだけ傷ついてようやく、相手との関係を後にするタイプだと思います。相手は慎重に選ぶ必要がありますね。相手との関係で、ちょっとでも「ん?」と思うことがあれば、親しい友人に相談しましょう。友人に話をすることで、自分の意見と気持ちがハッキリとしてくるはず。元々賢い牡牛座とA型なので、相手がダメ男かどうかは、自分でもそれとなく気づいているはずです。

第三位:双子座×AB型

双子座は、コミュニケーション能力に優れた、マルチな才能を持ったタイプ。どんなこともそつなくこなすことができ、仕事ができ、周囲から評価される人が多いでしょう。AB型も元々頭のいい血液型なので、仕事はでき、ちょっと取っつきにくい印象はありながらも、周囲から憧れを抱かれるタイプです。
ただ、双子座は少々プライドが高く、意外とドライな性格です。「好き」と言っておきながら、いざ付き合ってみれば、「つまらない」と言ったりするなど、不誠実な態度がちらほらと見受けられます。この辺りはAB型の気まぐれな性格と似ていますね。両社の場合は、ダメ恋の原因が自分自身にある場合が多いかもしれません。
まずは、自分自身のタイプを自分自身が理解すること。そして、好きな人ができたときは、自分のタイプを告げ、おおらかな気持ちで受け止めてくれる相手を選びましょう。そうすればダメ恋に終わるリスクは少ないと思います。

おわりに

すべての恋が成功するとは限りません。ダメ恋も経験値に変えることで、次の恋愛に活かすことができます。
少しでもいい恋ができるよう、自分のタイプを把握しましょう。いい恋にできるかどうかは、相手以上に自分次第ですからね。
(柚木深つばさ/ライター)

関連記事