男性が「近づきたい!」と感じる女性の特徴とは?

男性が女性に惹かれる瞬間とは、少なからず「近づきたい!」と思わせる魅力を感じているはずです。「何かわからないけど魅力のある女性」というのは、一瞬だけ接しただけだったとしても、しばらく記憶に残っているものなのです。
ここで言う「魅力」というのは、「胸が見えそう」とか「エッチができそう」などという短絡的なエロい魅力ではなく、「どのような人なのだろう?」と、興味を抱くような、近づきたくなるような人としての魅力のことを指しています。
男性にとって、印象に残る、アプローチしたくなるような女性の魅力とはどのようなものなのでしょうか?

目次 [開く]

1.群れない

大学、会社などで人はグループを形成します。これはそこで生きていくための生物の本能なのですが、そんなことはお構いなし。誰とも群れずに自分を確立している女性に男性は一目を起きます。
必要以上に人と群れない、集団心理や人間関係をものともしないその姿を見た男性は「この女性は他の女性とは違う何かがある」そのように思うに違いありません。
意外とあまり認識されていないことかもしれませんが、群れる女性よりも、個を確立した自分の意見のあるインディペンデントな女性に惹かれる男性はとても多いです。

2.媚びない

職場などでは男性に媚びる女性というのが、もてはやされた時代がありましたが、もう令和です。そのような時代はとっくに終わりました。
学校や職場でのハラスメントに対するリテラシーも向上しつつある昨今、男性も必要以上に近付いてくる女性の本心を見抜き、警戒するようになっています。ボディタッチも厳禁です。不自然なアプローチはおかしな人だと思われます。
男女問わずに嫌われないように媚びると言う行為は、自分の自信の無さからくる行動だと言われています。自分に自信をもって正々堂々と行動するべきです。

3.好きなものや趣味がある

何かに傾倒していて、ものすごくマニアックな見識を持っている女性は男性の興味を惹きます。もちろん、別にそれを前提とした趣味ではなく、本当に自分が没頭できる世界がある人というのは、とても魅力的です。
まったく知らない世界に生きている、自分の知らない世界に片足を突っ込んでいるその姿は、とてもミステリアスで想像力をかき立てられます。また、話題に事欠くこともないでしょう。もし仮に、同じ趣味の男性と出会ったときは容易に意気投合することもできます。
無理して無理やり趣味を作って「自称オタク」を名乗ってもすぐにバレるうえにとても滑稽なので、ちょっとでも興味を抱いたもの。例えば、映画、小説、好き場所、音楽、食材などなんでもいいので、その土を掘ってみると何かがみつかるかもしれません。

4.シンプルなファッション

女性だからふわふわした服を着る必要はありません。男性の視線を気にした服装を選ぶ必要もありません。シンプルに自分が着たい服を好きなように切ればいいのです。
雑誌などで「男子ウケファッション」みたいな特集があると思いますが、あれを模倣するということは、他の複数の女性と同じ服装をするということになります。森の中でジャッパになるということです。
「人と違う」ということが目的ではなく、あくまで自分のオリジナリティやセンスを磨いて、前面に出していけば、必然的に男性も魅了することができるのです。

さいごに

以上、いかがだったでしょうか? 「現代の男性が「近づきたい!」と感じる女性の特徴」を解説してきました。
現代では、ジェンダーフリーな考え方が急速に広まりつつあります。まだまだ平等とは言えないですが、10年前を想像してみても確実に変化していることを感じることができます。
そんな中で男性が感じる女性観も、時代に合わせて変わりつつあります。多くの人が「女性はこうあるべき」「男性はこうあるべき」という考え方から脱却しようと試行錯誤している最中なのです。なので、それを把握せずに10年前と同じ感覚でいると、どんな男性にも相手にされなくなる。なんてことになるかもしれませんよ。
(吉田ヨシヲ/ライター)

関連記事