A型×B型×O型×AB型|モテるギャップを持つ血液型ランキング

好きな人と知り合っていくうちに、「こんな一面もあるんだ」と初対面の印象とギャップを感じることはありませんか?
相手によっては、思わぬギャップにガッカリしたり、ますます惚れてしまったりすることもあるでしょうか。
そこで今回は、そんなモテるギャップを持つ傾向の高いタイプを、血液型で分析してみました。
好きな人の人となりを知るきっかけとして、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

目次

第1位:O型

O型は聞き上手で、穏やかで落ち着いた印象が際立つもの。相手の話を「うんうん」と聞いてくれることから、つい自分の本音を打ち明けてしまう人も多いでしょう。O型は興味のない話も上手に耳を傾けられるので、特に女性は一緒にいて満足感が高いのではないでしょうか。
しかし、内面は意外と現実主義者で、B型以上に頑固者と言われています。たとえ好きな人でも自分の意見を変えることはなく、遠回しに代替案を進めてきたり、最終的にはだんまりを決行したりするほど。B型のように意見を押し付けることはありませんが、意外と自分の意見に固執してしまうのは、外面とは違った大きなギャップになりそうです。
また、O型はなかなか自分の本音を見せようとはしません。人の意見に同調タイプで、うっかり他人と同じ意見だと思いきや、思わぬ意見に周りをビックリさせることも多いです。理性的で、でもロマンチックなO型は、恋愛だけではなく、結婚にも向いた落ち着いたタイプです。彼らのギャップに、頼りがいと安心感を抱く女性は多いでしょう。

第2位:A型

A型は調和と情を大切にする血液型です。周りのためなら自分の意見を我慢してでも、尽くそうと思うタイプ。男性でも気の優しい人が多く、友達付き合いが気軽にできる女性も多いでしょう。どちらかというと、消極的で心配性のA型ですが、慣れたことには意外と大胆な行動を取ることも多いです。A型の思考パターンは記憶型。経験のあることには恐怖を感じず、勇み足になりません。
我慢強いタイプで忍耐力があり、協調性にも富んでいます。彼らの最大のギャップは、ひたむきでコツコツと目の前のことを頑張る姿勢と、ちょっと抜けていてリードしてあげたくなる気弱さではないでしょうか。
真面目で一生懸命な姿勢に、心打たれる女性は少なくないと思います。デート時は優柔不断に見える男性も、仕事ではしっかりと業務をこなしている姿にギャップを感じ、惚れ直す女性もいるかもしれませんね。心から優しいA型の人となりに救われ、支えられる女性も多いでしょう。

第3位:B型

B型は男らしさが際立ったタイプで、興味のあることには一直線ですが、そうではないものには態度で見てわかるほど無関心です。B型の思考パターンは一点集中型。思い立ったらすぐにやらなければならない気が済まないタイプである一方で、気持ちが冷めることも早いと言われています。
また、B型は自分勝手が過ぎてしまい、周りの意見をあまり耳に入れづらいタイプ。昔でいう亭主関白な男性に近いでしょうか。負けず嫌いで、認められることにこだわり、人に意見を認めさせることも多いです。
そんな楽天的で自信家なB型ですが、一度の失敗でたちまち追い込んでしまう極端な一面もあります。普段は男らしくグイグイと人を引っ張っていくB型だけに、情熱の炎が消えてしまうほどの落ち込みは、これまた周りを困らせてしまうかもしれません。

第4位:AB型

AB型は冷静で気まぐれな血液型です。つかみどころがないのが特徴で、人によっては距離の取り方に悩んでしまうかもしれません。AB型は感受性が強く、冷静でシャイな人が多いといわれています。
人付き合いもワイワイと大勢の人と騒ぐよりかは、気心知れた仲と数人で話していたいタイプ。こと恋愛になると、小悪魔キャラに例えられるほど、周りを気まぐれな体質で振り回すことも多いです。
しかし、AB型自身は無自覚であり、あまり束縛をされるのが苦手で、遠巻きに見守ってほしいタイプです。元々頭が良い人が多く、仕事面で才能を発揮する人も少なくありません。特に年上からはかわいいと感じられることは多いですが、付き合い方が難しいぶん、接し方に悩んでしまう女性は多いかもしれません。

おわりに

付き合っていれば、相手との距離が近くなっていくぶん、ギャップを感じることも多いでしょう。好きな人の人となりを把握するヒントとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)

関連記事