彼氏とお泊りデートはしすぎない方が良い? メリット4選

彼氏とずっとラブラブでいるために、様々な努力や工夫をしている女性は多いようです。ラブラブでい続けるために、お泊りデートは頻繁にしない方がいいのでしょうか? ずっと一緒にいたいから、片時も離れたくない人もいますよね。お泊まりし過ぎないメリットをまとめました。

目次

ラブラブ度を下げたくない!

恋人とずっとラブラブでい続けるために、彼氏の気持ちを引きつける努力や工夫をしている女性は多いです。その中の一つに、彼氏と頻繁にお泊まりしないというテクニックがあるんだそう。そのテクニックは果たして正しいのでしょうか?
彼氏と頻繁にお泊まりデートをしないほうがいい理由をまとめました。

「また会いたい」という気持ちになる

頻繁にデートやお泊りを重ねると、それだけ一緒にいる時間を増えて、お互いのことを知る機会も増えます。しかしその一方で、「また会いたい」と思う回数は減るもの。
会えない時間が愛情を育てるという言葉もあります。連日のようにお泊りしていると、もっと会いたくて、関係を深めたいという気持ちは湧きにくいかもしれません。
また頻繁にお泊りしていると、お泊りすることが当たり前になってきます。彼女に会いたいと思ってもらうために、お泊りはし過ぎないほうがいいでしょう。

自分の時間を確保できる

彼氏とお泊りする時間が増えるということは、それだけ独りで過ごす時間が減るということ。将来のための勉強や趣味に没頭する時間、家族や友達と過ごす機会は減ります。恋人との時間は増えれば二人の仲は深まりますが、自己成長が止まるように感じる人も。
お泊りの回数を減らすことで、未来の自分のための時間に使えます。たとえば資格取得など、キャリアアップに向けての勉強をするのも良いでしょう。
また、ひとりの時間が増えることで、彼氏と話すときの引き出しが増えます。一人の時間で彼の知らない世界を体感しましょう。

新鮮な気持ちが続く

お泊りをしすぎないことで、新鮮な気持ちのまま交際が続きます。お泊りをしないということは、終電までにデートを終わらせ、帰宅するということ。ひとりで眠る時間を持つことで、デートを振り返り、余韻に浸る時間が生まれます。
だらだらとデートを続けずに、適当なところでデートを切り上げることで、二人の仲が新鮮なまま続きます。

恋愛に熱中しすぎない

恋人とラブラブだと離れるのが惜しくて、長く一緒にいようとお泊りする流れになりますよね。お泊まりをすれば、ずっと一緒にいられる安心感もあります。しかし恋愛に熱中しすぎると、早く気持ちが冷める可能性もあります。
長く一緒にい続けるためには、急激に気持ちが高揚しないこと。好きだという気持ちがどんなに大きく膨らんでも、その気持ちが何十年も続くとは限りません。ゆるやかに愛情をはぐくめば、その分長くラブラブでい続けることができそうです。
自分のすべてをさらけ出せば、お互いの理解は深まるかもしれません。しかし飽きられる可能性も上がるのです。
彼と愛情を深め合うなら、ある程度の時間は必要です。愛情を育む前に飽きられなうように、工夫しましょう。

デートは適度がよし

彼氏と長く交際をするためには、多少の我慢も必要です。「もっと会いたい!」という気持ちを彼氏から引き出して、長くラブラブな関係を築きましょう。
しかし彼氏が「どうしても」と頻繁にお泊りをせがむ場合には、彼氏の気持ちを優先するのもアリかもしれません。ふたりのペースでデートやお泊りをしましょう。
(番長みるく/ライター)

関連記事