この子との話は楽しい! 男性がマメに「返事をしたくなるLINE」

マメにLINEのやり取りをすることを、実は苦手に感じている男性は多いものです。
ただ、話していて楽しい女性とであれば、きちんとこまめに返事をしようという気持ちにもなるでしょう。
そこで今回は、男性がマメに「返事をしたくなるLINE」について紹介します。

目次

いちいち「長くならない」

「毎回のように長時間のLINEになる女性のことは、ちょっと避けるようになりますね。捕まったら終わりだと思うので、未読スルーをしてしまう」(30代・男性・インストラクター)
好きな男性とはいつまででも話していたい気持ちになるでしょうが、毎回のようにダラダラと長話をしていたら、さすがに重荷になっていくはずです。
「この子のLINEは長くなるからな」という印象を持たれてしまったら、あまり返信をしてくれなくなるかも。
ひと盛り上がりしたところでスパッと切り上げるようにすると、「もう少し話したい」という余韻を残せるので、男性の心を惹きつけることができますよ。

ちゃんと「話を聞いてくれる」

「こっちの話をちゃんと聞いてくれる女性とは、LINEをしていても楽しいです。色々と話したいという気持ちにもなるので、返信もこまめにしますね」(20代・男性・金融)
会話をしていて楽しいと感じるのは、大抵の場合、自分が夢中になってたくさん話せたときです。
だからこそ、気になる男性とLINEをする際には、自分が話すことよりも相手の話を聞くことに重点を置いたほうがいいもの。
話を最後まで聞く、リアクションはきちんと取る、興味や関心を示すといった点を心がけると、男性はあなたとのLINEに好感を抱いてくれますよ。

「フランク」に話せる

「変に気を使わないで話せる女性が一番です。フランクになんでも話せるのなら、すごく軽い気持ちでLINEのやり取りができますね」(20代・男性・医療関係)
好きな男性に対して、気遣いや気配りはもちろん見せたほうがいいです。
とはいえ、気ばかりを使っていると、どうしても会話が堅苦しいものになるので、盛り上がりには欠けてしまうはず。
「失礼のないように」とか「嫌われないように」などと思いすぎず、フランクに他愛のない話ができるようになると、男性からも気軽にLINEを送ってくれるようになりますよ。

「テンション」が合う

「同じように盛り上がれるのって、めちゃくちゃ大事なポイントですよね。そこが合わないと、話していてもだんだん虚しい気持ちになっていきます」(30代・男性・商社)
テンションやノリが合わない人とは、会話がなかなかいい調子で弾んでいきません。
自分だけが興奮しているというのは、とても虚しい気持ちになるものなので、そんな状態にだけはならないように注意が必要。
顔が見えない分、LINEでは反応が伝わりにくい面があるので、男性が楽しそうに話しているときは、ちょっと大きめにリアクションをしてあげることが大事ですよ。

さいごに

硬くなりすぎずに、気軽に色々と話せるというのはとても大きいです。そういう女性には男性は好感を抱きやすいので、親密な関係にだって自然となっていくはずですよ。
(山田周平/ライター)

関連記事