さすがに重すぎるかも…彼氏の「気持ちが冷めてしまう」愛情表現

彼氏や彼女にきちんと愛情表現をするのは、恋愛を長続きさせるうえで、とても大事なことでしょう。
でも、それが重いものになってしまうと、男性の心が離れていく原因になる危険性も高いです。
そこで今回は、彼氏の「気持ちが冷めてしまう」愛情表現について紹介します。

目次

すぐに「嫉妬をする」

「ちょっとしたことでいちいち嫉妬をされるのには、本当にうんざりしてしまう。なんだかちょっと狂気じみている感じもするので怖くもあります」(30代・男性・WEBディレクター)
嫉妬は愛情の裏返しなので、嫉妬をしてくれることで相手の思いを感じてうれしくなることはあるでしょう。
でも、何に対してもすぐに嫉妬をされたら、それはさすがに男性も息苦しさや窮屈さを覚えるようになるはず。
ちょっと仲良くしている職場の女性や仕事で関わりを多く持つ女性などにまで嫉妬をしたら、それは弊害になってしまう場合もあるので気をつけてくださいね。

「愛情確認」が多すぎる

「女性に『好き?』って聞かれるのって、可愛らしい印象があったんですけど、あまりにも何度もされると、しつこいとしか思えなくなります」(20代・男性・インストラクター)
「私のこと好き?」と、たまに聞いてくる程度であれば、男性は可愛らしいと感じるもの。
ただそれが過剰になり、何度もしつこく確認されるようになると、男性は一気にげんなりしてしまうでしょう。
「どこが好き?」とか「どれくらい好き?」なんてことまで頻繁に言い出すと、本当に男性の気持ちが冷めていく原因になりかねないですよ。

「一日中」LINEをしてくる

「朝から晩まで、絶えずLINEを送ってくるのは、マジで勘弁してほしい。重いし、仕事の邪魔だし、めんどくさいしで、どんどん嫌いになっていく」(30代・男性・食品メーカー)
付き合いたての頃は、一日に何度もLINEをして他愛のない話をするなんてこともあるでしょう。
とはいえ、それをいつまでもずっと続けるのは、はっきり言ってものすごくしんどい行為。
相手の状況をきちんと考えてあげるようにしないと、好きだからこそ取っている行動が、思いやりに欠けるものに思われてしまいますよ。

なんでも「やってあげる」

「尽くしてくれるのは有り難いですが、なんでもかんでもやられちゃうと、一気に重い感じになりますね。気が利くとかいう次元を超えている気がする」(30代・男性・出版)
尽くしてくれる女性を好む男性はとても多いですが、いきすぎてしまうと逆効果になるだけ。
尽くしすぎると確実に重くなるので、男性の中で逃げ出したい気持ちが芽生える危険性も…。
また、身の回りの世話など、なんでもやってあげてしまうと、恋人というより母親のような存在に思われて、恋心が冷める要因にもなりやすいですよ。

さいごに

思いをぶつけるばかりが愛情表現ではありません。相手の気持ちをきちんと思いやることができないと、マイナス効果になるだけなので、そこに重点を置くことが一番大切ですよ。
(山田周平/ライター)

関連記事