イライラ不調……生理の期間も快適に過ごすには?

生理中には頭痛や腹痛、腰痛、眠気などの体調不良だけでなく、イライラなどの精神的な不調を経験する人がほとんど。生理中の不快な時期もなるべく、快適に過ごすにはどうしたらいいのでしょうか? 夜型の生理ナプキンをつけていても、漏れるのではないかと不安に感じている人も。安心して過ごす方法をまとめました。

目次

生理には不調が出やすい

生理中には頭痛や腹痛、腰痛、眠気などの体調不良だけでなく、イライラなどの精神的な不調を経験する人もいます。さらに羽つきの夜用ナプキンをつけているのに、洋服やベッドに経血が漏れるのではないかと不安に感じてることも。安心して過ごすにはどうしたらいいのでしょうか?
精神的にも身体的にも不快になりやすい生理期間中に、快適に過ごすポイントをまとめました。

ご褒美を準備する

生理中は不快でイライラすることも。生理期間中くらい自分を癒すためのご褒美があってもいいはず。食べ物やコスメなど、いつもの生活よりも少しだけ贅沢をしてみましょう。気分が上がれば、気持ちも晴れやかになります。ダイエット中で普段はスイーツを我慢している人も、生理期間中は解禁しちゃいましょう。甘いものや好物を食べれば、気持ちが落ち着きます。
またコスメは少し高級なものやお気に入りの香り、質感のものを使えば、気分転換になります。中には生理中に肌が敏感になりやすい人もいます。そういった場合は、無理に変えないようにしましょう。

のんびり過ごす

いつもは仕事や勉強で忙しく過ごしている人も、生理中はのんびり過ごすことを意識しましょう。いつもと同じように過ごしていても、疲れが出やすく、憂鬱な気持ちになることもあります。
早めの帰宅と就寝を心がけるなど、家でゆっくり過ごしましょう。
不必要な外出はせずに、自宅でリラックスするのがおすすめです。好きな番組や動画、音楽を聞いたり、趣味に熱中したり、自分のための時間に使えば気持ちもリフレッシュできそうです。体調と相談しながら、無理のないように行動しましょう。

体を温める

生理痛の改善におすすめなのが、体を温めること。部屋を温めたり、いつもよりも厚着するなど、体を冷やさないようにしましょう。また無理のない範囲でストレッチなどの軽い運動をし、入浴をするのもいいでしょう。体が温まる食材や、温かい飲み物を飲んで体の内側と外側から温めましょう。

痛み止めを使う

頭やお腹、腰など、生理痛に苦しんでいる人は多いですよね。生理痛の重さは個人差がありますが、我慢できない痛みがあるなら、早めに鎮痛剤を飲むのもひとつの方法。どの痛み止めを飲めばいいのか、不安なら婦人科に相談して処方してもらいましょう。

こまめに生理用品を交換する

生理中にムレや漏れに不安を感じている人も。頻繁に生理用ナプキンを交換するのが面倒で、つい何時間も同じナプキンをつけっぱなしのこともありますよね。しかしデリケートゾーンは通気性が悪く、汗や経血で蒸れ、かゆみやかぶれを引き起こすことがあります。生理の量に関わらず、ナプキンは2~3時間ごとに新しいものに交換しましょう。

無理しないことも大事!

生理中は思うように体が動かないこともあります。生理中でない時には、簡単にできていたこともできないと憂鬱な気持ちになりますよね。いつもよりもゆっくり過ごすことを意識すれば、生理期間中の不調に悩まされずに済みます。また生理期間が終われば、目一杯体を動かせばいいのですから、必要な休憩時間だと思って、意識的に休みましょう。
(番長みるく/ライター)

The post first appeared on .

関連記事