無意識にやってない!? 人をイライラさせる言動

人をイライラさせる人に何がイライラするかと言えば、それを無意識にやっているのが、余計に腹が立つところですよね。
意図してやられても腹が立ちますが、どちらにしても、人をイライラさせる言動が多い人は、恋愛においても、恋人をイライラさせてしまうかもしれません。
そこで今回は、恋愛に関する人をイラつかせる言動をピックアップ。
自分を少しは改めると、恋人との関係も良好になるかもしれませんよ。

目次

黙り込む

何か言われると黙り込むタイプの人、それ、無償に人をイライラさせていますよ。
テレパシーでも送っているのでしょうか? そりゃ凄い。
黙り込む人はミュータントなのかもしれませんが、普通の人は、口を使って言語でコミュニケーションを取ります。
全く原始的な手法ですが、自分の意思も、感情も、言葉にしないと伝わりません。
日本人は言わなくてもわかるタイプが多いので何事も成立しますが、言わないというのは、思っていないことと同義なのです。
言葉を話せるなら、言葉を使って意思を伝えましょう。
苦手でも、その努力はするべきです。

デリカシーのない発言・余計なひと言

これは男性に多いですね。
デリカシーのない人は、どこにデリカシーのなさがあるのかさえ気付いていないため、余計に厄介です。
なぜそんなことを言うのか? 相手がどう思うのか理解できないのか?
そう、デリカシーのない人は、言いたいことを言いたいままに言いたい時に言い、相手がどう思うかがわからないのです。
余計なひと言で恋人が腹を立てた経験がある人は、何か言葉を発する前に、「言う必要があるのか」「相手がどう思うか」を考えましょう。
特に、芸人でもないのに相手を非難して笑いを取るような人、注意してくださいね。
友達関係にも、彼氏彼女の関係にも、そのお笑い精神いりませんし、つまらないですし、笑えないですよ。

何が言いたいのかもわからない感情をタラタラ話す・LINEする

黙り込むのはNGですが、結局何が言いたいのかもわからない話を、特に、相手に不満がある時や好きな気持ちが強い時などに、感情のままに話たり、長文でLINEしてしまうと、相手をイライラさせてしましますよ。
女性に多い傾向があると思いますが、コミュニケーションを取るのと、一方的に私感を演説するのとは全く別物で、それは、コミュニケーションとは言いません。
筆者のスマホに眠っている具体的な例を載せられたらいいのですが、プライバシーもありますし、とてつもない長文を背景もわからないままに載せても意味がないと思うので載せませんが、あなたのスマホに眠っている、元彼や今彼に送った長文のLINEやメール、特に、ケンカや別れ話やラブメールなど、気持ちを伝えたい時に一生懸命に送った長文のものがあれば、今一度読み返してみて下さい。
改めて見ると、意味が分からない文章になっていませんか?
もしも、自分で読み返して何を伝えたいのかよくわかないものだと感じるなら、あなたは無意識にイライラさせるタイプだと言うことです。

さいごに

人をイライラさせることもあるでしょう。人にイライラさせられることもあるでしょう。
イライラする人も、イライラさせる人も、それは、お互いに欠点があるからです。
それが人間ですから仕方がないと言えば仕方がありませんが、他人をイライラさせる言動を自覚するだけでも、変わってくると思いますよ。
(瀬戸 樹/ライター)

関連記事