明日からケチメン卒業!ケチな彼氏がデートでおごってくれるようになる方法

趣味や性格の違いはお互いの努力でカバーできても、お金に関する価値観の違いはなかなか埋められないもの。
彼は精一杯のつもりでも、お金をかける場所やタイミングが違うと、女性からすればなんとも的外れな結果になってしまいます。それをクドクドと説明するのもこちらがお金にうるさいみたいで嫌になりますよね。
そこで、今回はケチメンな彼氏にスムーズにおごってもらうための方法をお伝えします。

目次

ケチメンを卒業させる方法

お金のことは細かく管理したいタイプか、それともアバウトでも気にならないタイプか。自分と金銭感覚の違う男性には、どうしても違和感を覚えてしまうものですよね。
そのケチっぷりに思わず「男としてのプライドはないの?」と問い詰めたくなってしまう、ケチすぎる男性たち。経済力も男性の魅力の一つと考える女性陣からは真っ先に敬遠されるケチメン。
愛するがゆえにケチっぷりを許すという選択肢もありますが、それでは、お互いの溝は埋まりません。そこで、愛の力で教育を施してみるのはいかがでしょう。
例えば、女性側から彼氏にご飯をおごってあげることが挙げられます。これは、自分が彼氏にして欲しいことを先にお手本として示す方法です。
まず、「自分へのご褒美でご飯食べに行きたいんだけど、付き合ってほしい」と彼氏を食事の場に誘います。その上で、彼氏には「今度は彼氏くんからのご褒美も待ってるね」と誘導してみると言うものです。
彼氏は、自分がタダで食事をしていることを気に病むということはないでしょうが、何かの折にお返ししないと、という気持ちは植え付けられるでしょう。
ここからが重要ですが、彼氏が何か些細なものやことでも「ご褒美」として返してくれたなら、大げさに喜ぶことです。この“彼女が喜んでくれた”と思わせるところがポイントなのです。
誰しも、相手が喜ぶことならやってあげたいと思うもの。そしてだんだんとエスカレートしていくのも人の世の常。これを繰り返し行うことで、やがて彼氏はケチメンを卒業し、彼女の希望する男性へと変貌を遂げるのです。

金銭感覚の違いは大きい

金銭感覚の違いは、交際していくうえでかなり大きなポイントです。
価値観が違っても、男女がお互いに相手に合わせようと歩み寄ることが、交際を長続きさせるなによりの方法かもしれませんね。
節約が上手な倹約家の彼氏には、お金を出させることは難しい……とはいえ、彼女を喜ばせたいという気持ちはあります。女性としても彼氏にお金を使わせたいわけではなく、自分に対する気持ちを目に見えるかたちで感じ取りたいという部分が大きいはず。
彼を「ケチ」と言わずに褒めて伸ばすような方向でお付き合いできると、お互いにストレスなくお金の価値観とも付き合えるのではないでしょうか。
(yummy!編集部)

関連記事