オフィスできる!目の疲れを取る簡単ヨガ

仕事中はパソコンの画面と睨めっこし、息抜きにゲームやテレビ鑑賞……という生活を送っている方は多いのでは?
毎日目を酷使していると、目の疲れが半端じゃないですよね!
鏡で観たその顔は、自分でも驚くほど「老けたお疲れ顔」。疲れ目はおブスを引き寄せる法則です。
疲れ目解消法として、ホットタオルで目元をじんわり温め、緊張した目の筋肉を緩めるのも有効なのですが、まつ毛エクステをしている人は目の上にタオルはご法度。
まつ毛エクステをしていない人でも、ホットタオルを作るのは少し手間がかかりますよね。
そこで思い出したのが「目ヨガ」。
インドのヨガの先生直々の教えなので、効果はお墨付きです!

目次 [開く]

目の疲れを解消する「目ヨガ」

1つ目は、お天気のいい日に太陽の方を向き、目を閉じてゆっくりと目を温める方法。
太陽の温かさを感じられるとてもいい方法ですが、必ず目は閉じて下さいね。
必ず日焼け止めを塗ってからトライしてみてください。
2つ目は、どこでも簡単にできる「パーミング」。
手のひらの温かさ(気)を目の上にかざす方法です。
やり方は、両手のひらを強くこすり合わせて、温めます。
お椀のようにした手のひらを目の上にかぶせ、その中で瞬きを繰り返し、目の緊張や疲れを解消します。
なるべく手のひらから光が漏れないように、手の指はくっつけましょう。
暗闇の中で目を休め、手の温もりを感じながら、リラックスしてみてください。

「目ヨガ」のやり方

1. 手の平をよくこすります。
%%img:00006166:400%%
2. 手のひらをお椀のように丸めたら目の上にかぶせ、瞬きを繰り返しましょう。
%%img:00006167:400%%
じんわりと手のひらの気が目に伝わってきたら、手をどけてみてください。
あら不思議! 目のコリや疲れが引いているはずです。

おわりに

目が疲れていると、お顔の全体が疲れて見えます。実年齢より老けて見えてしまう可能性も。
ホットタオルなどと違い、どこでもできる方法なので、オフィスや寝る前など目の疲れを感じたときに試してみてくださいね。
(yummy!編集部)

関連記事