思わずドン引き……「ケチな彼氏」エピソード6選

お互い好きになって恋人同士になったものの、いざ付き合ってみると!? これまで知らなかった彼のダメな一面が見えてきて、一気に恋が冷めてしまった……。なんて話をよく聞きます。
なかでも、「ケチな彼氏」にドン引きしてしまう女子は多いようです。どんなに好きな彼でも、男らしくないケチすぎる行動には幻滅してしまいますよね。
そこで今回は、女子たちがドン引きした彼氏のケチすぎる行動をリサーチしてみました。

目次

その1:日本一の中華料理店

「いつもワリカンの彼に『今日は一番ウマい中華料理をご馳走してやる』と言われ期待していたんですが、連れて行かれたのはなんと、『餃子の○将』……。『人にオゴるのも良いもんだな!』と得意げな様子の彼には幻滅しましたね。一体どうやって30年間生きてきたんでしょうか」(28歳/編集)

その2:宿泊費を請求

「彼の家に初めてお泊りをした日、650円の宿泊代を請求されました。それだけでもショックだったのに、『昨日40分くらい風呂入ってたよな』と言われ、返す言葉が見つからず、お金を払ってそのままお別れ。付き合う前はこんな器の小さな男だなんて思いもしませんでした」(27歳/派遣)

その3:一日遅れのホワイトデー

「ホワイトデーの翌日、彼から『ちょっと遅れちゃってごめんね』と、箱の裏側に半額シールが貼られた見切り品のチョコを渡されました。期待していた分、かなりショックを受けました。せめてシールは剥がしておいてもらいたかったな」(24歳/メーカー)

その4:「電話してもいい?」のメール

「一年前に付き合っていた3つ年上の彼が本当にセコかった! 何か用があるときは『今、電話かけていい?』というメールが届き、私がかけるまでは絶対に自分からかけようとしません。急ぎの用件の時は、ワン切りで私からのかけなおしを催促……。電話代なんて大した額じゃないのに、年上の男性がそんなセコい行動をとるなんて呆れました」(26歳/IT)

その5:2回に1回財布を忘れる

「元彼はデート2回につき1回は財布を忘れてくる男でした。本気で申し訳なさそうに謝ってくれるので最初は許してしまっていたんですが、財布を忘れたくせに『そろそろお腹空かない?』とか、自販機の前で『のど渇いたなあ』とせがまれてドン引き。思い出すと今でも腹が立ちます」(26歳/美容)

その6:駐車料金をケチる

「半年前、元彼とドライブデートに行きました。目的地に到着した際、彼の『駐車料金がかかるから路駐しよう』という非常識な発言にビックリ。駐車場に止めるように薦めると浪費家呼ばわりされたのでやむなく応じました。結果、駐禁切符を切られたあげく、彼に『お前のために運転してやったんだから、違反金くらいは払ってよ』と言われ、怒るどころか呆れてしまいました。こんな男信じられます?」(29歳/医療)

さいごに

恋愛においてお金に関する価値観が合うかどうかは重要な問題。
器の小さな男性とは、良い恋愛関係を築けるわけがありません。
彼のケチすぎる一面に気づいてしまったら、早めに見切りを付けたほうが賢明でしょう。
(yummy!編集部)

関連記事