男女間の「常識」は全然違う! これを乗り越えて愛を育む方法とは?

「彼氏なんだから1日1通はLINEしてくるべき!」、「彼氏なのに彼女にこんな扱いってない!」
このように考える女子は多いかと思います。しかし、その常識は、男性にとっては非常識でしかないこともあるようです。
なぜ女性の恋愛の常識が、男性にとっては非常識に感じられるのか? そしてこの溝はどのようにしたら埋めることができて、さらには、乗り越えることができるのでしょうか。

目次

溝があると思い込んだら終わり

さて、つい3年前くらいまで、「男性は女性にこうあるべきよね!」と勝手に都合のいいことを押しつけていた私。
毎日LINEすることが当然と思っていたし、返信がなければ「浮気か!?」と疑い、歩道を歩くときに車道側へ行かない男はクソだと思っていて、いちいちその怒りを相手にぶつけていました。
ですが、相手に自分の常識を押しつけすぎると、当然相手も我慢ならなくなり、別れに発展。そうなったときに初めて自分が思う常識を捨てることができました。
なぜならば、こんなに好きな人を失うくらいなら、私の「さみしい! かまって! 好きなら特別扱いして!」という気持ちなんて、どうでもいいと思ったからです。

常識なんて人によって違う

おそらく、各々が信じ込んでいる「常識」なんていうものは、その程度のことなのです。そして、この常識はどうでもよくなりましたが、お互いがよりよい恋愛をするために、話し合う機会はかなり増えました。
女性と男性は、生物的には違う種類の生き物だから、話し合わないとわからないことの方が多かったです。また、当然、育った環境も当然違うので、親から教わったことも違う、生活も違う、趣味は合っても、それぞれの常識なんてものは本当に曖昧なものだったことがわかりました。

お互いのギャップを理解する

好きならば相手の嫌がることはしたくないですよね。お互いの差をよく理解し、知ることによって、長さは違えど重さを共有できるようになるのです。
「受け取り方は違っても悲しみは一緒」みたいなことですね。それを持つと、思いやりが生まれるので、一般常識ではなく、自分たちに合うルールが生まれてきます。
決して強制的だったり義務ではなく、これは愛から生まれる約束です。それは「相手との約束」というよりは、相手を大好きな「自分との約束」に近いです。そうなると、嘘のように喧嘩やすれ違いは消えてきます。

さいごに

2人の間にあるように感じられる溝。しかし、本当は最初からそんなものなかったのです。2人がいつしか作ってしまったように思い込んでいただけ。
思いやりを持って、2人の距離を手繰り寄せていけるといいですね。
(yummy!編集部)

The post first appeared on .

関連記事