面倒臭い「LINEのやり取り」とはもうサヨウナラする方法です。

LINEは本当に便利なツールですよね。普段使いのコミュニケーションツールですから、今更そんなことも考えないかもしれません。しかし、便利なツールだからこそ一般に普及しますし、一般的に使われるからこその問題も。
LINEそのものというよりは、使う側の問題として、いつでもどこでも連絡が取れてしまうことの「わずらわしさ」や「面倒臭さ」があります。
今回はこの、LINEを通じて意図せぬハラスメントにもなっている、わずらわしい、面倒くさい、といった理由とその対処法をいくつか取り上げてみたいと思います。

目次

LINEは「会話」だと思わないこと

いつでも連絡がとれて便利なLINEですが、気軽ということは、誰でもすぐにしゃべりかけてくるので、自分の時間を大切にしたい人にとってはちょっと迷惑な時もありますよね。
用事があるのならまだしも、ダラダラとずっと会話が続いて終わらない、会話を終わらせるのに苦労する、そんな人におすすめなのは「会話だと思わない」ことです。厳密にはわかりませんが、「メッセージのやり取りは会話ではない」そう思うことで、相手への気遣いや申し訳なさを軽減する方法です。
実際に会って話したり、ビデオ通話で顔を突き合わせた会話なら、「お互いの時間を相手のために使う」という、ある種のルールに納得した上でのもの。この場合は相手に失礼の無いように切り上げ方を考えるべき。ですが、お互いに離れたところでチャットでメッセージを送り合うのであれば、相手や自分の都合によっては返事が来たり来なかったりするものだと思ったほうがよいでしょう。
たまたま都合よく既読になって、メッセージのやり取りを始めたからと言って、いつまでも続けられるわけではありません。電話のように会話なら突然途切れてしまうことへの申し訳なさが残りますが、テキストのメッセージであれば、たまたま時間があってやり取りが可能になったまでのこと。
メッセージを送っても、そもそも既読にならないこともあるのですから、返信までに時間がかかってしまうことも当たり前に思っておく必要があります。終わらない会話については、「会話」だと思わず別のことに集中したい場合は、気にせずそちらを優先しましょう。

「どういうこと?」と一言だけ返す

LINEを使っていて気付いている人も多いと思いますが、会話なら自分の発言に対して、相手が反応するのを待つというコミュニケ―ションが生まれます。ですが、LINEでは、会話せずに自分の言いたいことだけを一気に文章にして送ることも可能です。
長文で送られてきた内容は、言いたいことがまとまっていないこともあり、何が言いたいのかわからないこともあります。
そんな時は、素直に「どういうこと?」と返事しましょう。こちらに考えさせるような文章を送りつけてくる相手がよくありません。まずは、何を言いたいのか相手に整理させるべきでしょう。
もちろん相手に悪気があるわけではないので、責めるような言い方はしてはいけません。ですが、こちらが気を遣って「こういうことかな?」と要約した内容を確認したところで、不正解なら「なんで理解してくれないのか?」と、なぜか自分が悪者にされることも。
わずらわしことこの上ありませんよね。ですから、ただ一言「どういうこと?」と送るだけでよいのです。それでも相手がロングな文章を送ってくるようなら「つまり」や「要するに」を頭につけて「つまり、どういうこと?」などで応対しましょう。
自分が理解できるまで、相手に内容を分解してもらうのがよいでしょう。

一つの返事に集中する

これもあるあるですが、相手がまだ返信を作っている最中に次のメッセージを繰り出してくる人もいます。「え……まだ私、返事してないんだけど」と、思ったことはないでしょうか?一つ目の会話の始まりに対して返事を書いていたら、もう次のメッセージが送られてきていて、自分が作っていた返事が無駄になるというもの。
これはコミュニケーションがうまくとれていない証拠です。長文の時と同じですが、相手の返答を考えずに自分の言いたいことだけを投げているとも言えますし、ただ聞いて欲しいだけかもしれません。ですから、会話として成り立っていないとも言えます。
そんな時は、「一つの返事に集中して返信する」ことで、相手に時間を作ってもらえるように配慮してもらいましょう。相手からすれば、言いたいことの途中で返事が来たり、話したいことが伝わっていないように思えたりするかもしれませんが、それも相手が言いたいことを整理できていないことが原因。
返事をする側とすれば、相手の気持ちを知ることは無理に等しいですから、一つ一つのメッセージに丁寧に返す。これだけをやっていれば、相手も自分が言いたいことの要点を絞って話すようになるでしょう。
それでも、相手が続けざまにメッセージを連射してくるのであれば、面倒ですが、長文と同じ対応で「つまり、どういうこと?」と聞いてあげるとよいでしょう。

通知をOFFにする

相手からLINEが送られてきて、通知を目にしたり通知音を聞いてしまうと、つい反射的に確認してしまいがちです。内容を目にしてしまうとこれもついつい相手とのやり取りが始まってしまいます。
他に集中したいことがあったり、LINEのメッセージを気にしたくない場合は、いっそのこと通知を切るという方法が無難です。やり取り自体は問題ないけれど、やめ時がわからなくなる場合も同じ。
通知に気が付かなければ、やり取りをやめる理由を考える必要もありません。どれだけ気を遣った返事をしようと、相手がメッセージのやり取りをしたいと思っているうちは、途中で途切れれば寂しいものです。
相手の気持ちを考えてやり取りを続けたり、やんわりと終わらせる方法を試したところで、今度は自分が「わずらわしさ」や「面倒臭さ」を感じてしまいます。
それならば、通知が気になるから普段からOFFにしている、と相手に伝えておいて、やり取りの最中でも気が付かないこともあることをわかってもらうほうがお互いにストレスがなくなるはずです。
気づかないフリをする、のではなく、本当に気が付かないのだから仕方ありません。この記事を参考にしていただける人は、一日のうちにLINEを見ない日はないでしょうから、気が付いたときにLINEを開けば大事な連絡を見落とすというようなこともないですし、緊急の連絡であれば通話を使うでしょう。

さいごに

巷には、LINEのやり取りについての様々な方法論があふれていますが、小手先の方法で回避できるのも数回に一回くらいではないでしょうか?
相手を悪い気にさせずにわずらわしさや面倒臭さを回避するには、根本的なところから対処するほうがよさそうです。自分がアレコレと考えて対応しなければならない方法は、効果があるようで実は逆に面倒臭かったりわずらわしいことが増えてしまいます。
「またあした連絡する」「今度会った時に詳しく聞かせて」などと次につなげる形で終わりにするなど、そう都合よくいくものでもありません。
なかなかやり取りが切れないときに「ごめん、今から用事がある」などと言い訳をつけて強制終了するパターンも、やり取りの流れをいきなり切ってしまうと感じが悪いですし、きりが良いところを見つけて切り出す必要があります。でも考えてもみてください、きりの良いところがないからダラダラとやりやり取りが続くのです。
その他、返信を徐々に遅くしてフェードアウトする作戦など、そもそもメッセージのやり取りをする気がないのであれば、こんな面倒なことはしないに越したことはありませんよね。
LINEは無料ツールなので人によっては永久にメッセージのやり取りをしてこようという人もいます。面倒な話の終わり際を見出すよりも、ダラダラと続けさせない、用件がないのであれば気にしない、そもそも気づかない、など、相手よりも自分のことを考えないと時間をどんどん奪われることになります。
(yummy!編集部)

関連記事