本当に優しい男性を見極めるためには、動物を利用するのがベスト?

ものすごく単純なお話になってしまいますが、世の中には2種類の男性がいます。優しい男性と、優しくない男性です。
そして、どうせ彼氏を作るなら、優しい男性と交際する方がいいでうよね。優しくないよりは優しい方が、付き合っていてもお互いに嫌な雰囲気に陥る可能性も低くなります。
では、そんな優しい男性を見抜くには、どうすればいいのでしょうか?
普段の言動を見ていればおのずと判断もできるのですが、中には本当は性格が悪いのに、みんなの前ではいい人ぶっている男性もいます。こういう男性にうっかり気を許してしまったら、無駄にストレスを溜めてしまうだけです。
本当に優しい男性を彼氏にしたいのなら、方法はただひとつ。それは、動物とのふれあいの様子を観察することなのです!

目次

人は動物の前では嘘をつけない?

動物とふれあう男性を見れば本当の性格が分かるというのは、ぶっちゃけ誰でも考え付くような単純な案かもしれません。単純であるからこそ、判別を失敗することも少ないでしょう。
なんだかんだ人って、動物と接しているときに本質が出てしまうものなんです。動物が好きな人は無意識に笑顔になってふれあいますし。逆に動物が嫌いだったり、なんとも思ってないタイプの男性は、目が笑わないんですよね。
動物園デートに出向いても、口角だけ上がっているだけで、動物なんか見てもいない。そういう男性って、少ないながらもいるんです。動物園や水族館に訪れたときに、一緒にいる相手のことも気遣いつつ、展示されている動物たちに夢中になっているような男性。こういうタイプであれば、まずは一安心です。
くわえて、ふれあいコーナーなんかで動物たちに優しく接している様子でも確認できれば、概ねその優しさは約束されたようなものでしょう!

ペットを飼っている男性なら、優しさの本質をより見分けやすい!

ペットを飼っている男性なんて、ある意味では優しさが、ある程度確約されているようなものですね。
たとえば犬や猫を飼っている場合、ペットの毛並みや飼育環境がしっかりと手入れされていれば、動物相手にも無償の愛情を注ぐことのできる男性だと見ても間違いありません。
だけど、飼っているペットのコンディションが悪いという場合は、要注意です。こういう男性はペットを飼っているという状況に満足しているだけで、本当の意味でふれあいを楽しんでいません。
釣った魚に餌をやらないタイプとはまさにこういうタイプですね。自分のペットにすら十分な愛情を注いでいない男性は、彼女に対しても同じように接することでしょう。
ペットと暮らしている男性が無条件で優しいと決め付けてはダメということですね。あくまでも、優しさの本質が見抜きやすいというわけです。

おわりに

といった具合に、今回は動物とのふれあいをする様子を判断材料に、優しい男性の見抜き方を書いていきました。
過剰に自分が優しいアピールをするような男性は、はっきりいって胡散臭いですが、時には「この人って本当に優しいのか、そうじゃないのか……ちょっと分からないな」と思ってしまうようなポーカーフェイスもいますよね。そういう男性の本質を知りたいというのであれば、是非とも動物と対面させることをオススメします。
動物に慣れていたり、扱いがやさしくて、自然に笑顔になっているような男性は、もうほぼほぼ優しさにあふれたタイプと見て間違いないでしょう。
(松本ミゾレ/ライター)

関連記事