生理前後で大きく変わる“ホルモン”と“肌”の関係 

月経前と後で、「肌やメンタルの調子が変わる」という経験をお持ちの方は多いでしょう。人によって症状は異なりますが、肌では、化粧ノリや毛穴、ニキビなどの形で現れ、メンタルでは「落ち込みやすい」などの形で現れます。

この、肌やメンタルの調子と月経の時期には関係性があったのです。今回は、月経前と後、2つの状態から、分泌されるホルモンや症状についてお話しします。

目次

時期で変わる分泌されるホルモン


月経前と後で、分泌されるホルモンが変わります。それがエストロゲンとプロゲステロン。なにやら難しそうな名前ですね。

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、皮膚を美しくする働きに関わっていると言われています。新陳代謝も高めますから、分泌される時期の肌は、美しくなりやすいのです。

プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれ、子宮を整える働きをします。しかし、毛穴から皮脂を多めに出す働きも。そのため、肌トラブルが増えてしまうのです……。

排卵期(月経2週間前)から月経直前は「バランスが整いにくい」


この時期は、プロゲステロンが多く分泌され、むくみや便秘になる人も。また、メンタル面では、少しイラついたり落ち込みやすくなったり……ということも出てくるでしょう。

そして、月経直前(およそ1週間前)になると、よりカラダに変化が起こります。何だかぐっと気持ちが重くなったり、嫌なことばかり考えてしまったり、前よりむくむようになってしまったりなどなど……。肌もメンタルもバランスが整いにくい時期と言えますね。

月経から排卵期までは「安定しやすく穏やか」


月経が始まってすぐは、まだ少し調子が悪いことも。月経痛や貧血などが起こってしまうからです。しかし、終われば、エストロゲンの働きが活発化し、肌の調子が元に戻っていきます。メンタルも安定しやすくなるため、穏やかになっていけるでしょう。

ホルモンと肌の関係を知って毎日を過ごしやすく


肌とメンタルにトラブルが起きやすいとはいえ、月経は病気ではありません。ですから、必要以上に怖がらなくても大丈夫です。ただ、月経によってこのようにカラダや気持ちに変化が起きることを知っておくと、毎日が過ごしやすくなると思うのです。変化に合わせてケアができれば、楽になる部分も生まれてきますから!

例えば、荒れそうな時期には穏やかな音楽や温かい飲み物で落ち着くなど。また、むくみやすい時期は、ゆったりしたものを着てリラックスしたり、スッキリした時期はタイトなものを着てみたり……。こうした、ホルモンと肌のカンケイを知って、より素敵な毎日にしてみるのはいかがでしょう?
(らくしゅみっくす)
1

この記事を書いたライター

らくしゅみっくす
大切なのは潜在意識、内側から変化を。編集兼ライターでビジネス、ライフハック、マネー術、美容、ファッションなど担当。受付嬢等の経験から心理分析も。音楽、動物、自然が好き

関連記事