“泣けばなんとかなる” だだっ子女子から学んだ一風変わったモテ方 

“泣けばなんとかなる” だだっ子女子から学んだ一風変わったモテ方 の1枚目の画像

とっても「だだっ子で甘えん坊な女性」。皆さんはどのように感じますか? 実は、こうした女性って男性からは目が離せないらしく、モテまくるのです! 

今回は、私が実際に見た、「だだっ子女子」のエピソードとモテ仕草をまとめてみました。

目次

だだっ子女子の性格を大解剖!


「だだっ子」とあるとおり、自分に正直で素直。まず、自分の思うとおりにならないと泣きます。最初は驚きました。しかし、これも自分の気持ちに正直だからなのです。これは、時間が経つにつれて分かってきた点ですが。

だだっ子女子、こんなエピソードがありました!


それはとある飲み会でのこと。自分の思い通りにならないからと突然泣きはじめたのです。もちろん周囲は驚きました。そのため、みんなでなだめて、できるだけ彼女の要望がとおるように動いたのです。「泣く」という武器が登場したため、周りが思わず動いてしまったとも言えるでしょう。

だだっ子女子のモテ仕草はこの2つ


「ボディタッチ」と「泣くときは相手の目を見る」の2つです。

「ボディタッチ」は普段からです。腕を組んだり手をつないだり。じゃんじゃんボディタッチをしていきます。しかも、さらっと行うため鮮やか!

また、彼女が酔っているときの「ボディタッチ」は、120%増しです。たとえば、男性の隣に座ったとしましょう。最初は、ある程度距離をおいて座っています。しかし、酔ってしばらくすると、もたれかかっていくのです。あまりのスピードに「流石」と思ってしまったほど。

それから、「泣くとき」のこと。必ず、相手の目を見て泣きます。どういう状況かと言うと、「相手の男性にして欲しいことがあるとき」ですね。このようなとき彼女は、相手の目をじっと見ながら泣くのです。また、泣き方は、「シクシク」というよりは、「ウワーン」という感じ声を上げて泣いていました。

だだっ子女子はこんな男性にモテていた


特に、「面倒見がよい男性」からモテていました。彼女よりも年上か年下かは関係ありません。女性に甘えるよりも、甘えられる方が好きな男性とも言えるのでしょうか。「俺がいないとダメなんだな」という男心をくすぐるのだと思います。

でも忘れないでくださいね。基本が「だだっ子」だということに。やりすぎれば周りもうんざりしてしまいますし、最初は「そこがカワイイ」と言っていた男性も、「面倒くさい」と思ってしまうかもしれません。「だだっ子」を駆使するには、絶妙な加減が必要なのかもしれません。
(らくしゅみっくす)
1

この記事を書いたライター

らくしゅみっくす
大切なのは潜在意識、内側から変化を。編集兼ライターでビジネス、ライフハック、マネー術、美容、ファッションなど担当。受付嬢等の経験から心理分析も。音楽、動物、自然が好き

関連記事