夏のバスタイムを涼しくするハッカ&重曹の使い方

夏のバスタイムを涼しくするハッカ&重曹の使い方の1枚目の画像

夏のお風呂で困る点といえば、お風呂上がりにまた暑くなったり汗をかいたりすること。せっかく、さっぱりしたくてお風呂に入ったのに、困ってしまいますよね……。
そんな夏のお風呂にピッタリなアイテムが、「ハッカ」と「重曹(じゅうそう)」です!

目次

“ハッカの湯”でお風呂上がりもヒンヤリ体感!!


お風呂にハッカを入れると、湯上がりが涼しくなります。しかし、ハッカのすごさはそれだけではありません。なんと、保温効果もあるそうです。夏は気温が高いため、エアコンを使って室温を調節することがほとんど。たしかに過ごしやすい室温になりますが、場合によっては“冷え性”をまねくことも……。しかし、ハッカの保温効果により、こうした冷え性の改善も見込めるそうですよ。


使い方は、市販で「ハッカ油」として売られているものを1~2滴ほど湯船に入れるだけ。しかし入れすぎると冷えすぎて寒くなってしまいます。最初は1滴で様子をみましょう。それから、入れたあとはしっかりお湯を混ぜてください。

“重層の湯”で湯上がりのベタベタとさよなら!


重曹は、お風呂上がりの肌をさらっとしてくれるそう。夏のお風呂上がりは、再び汗をかいてベタベタしてしまうこともありますが、重曹を入れることでこのベタベタを防いでくれるのです。また、弱アルカリ性のため、体臭予防にも役立つそう。皮脂を乳化(油と水のように一般的には混ざらないといわれる液体同士を混ざった状態にすること)して、流してくれます。


重曹は「食用」と書かれた粉末状のものがオススメです。食用なので“口に入れても安心”という点から安全性が高く安心できます。目安はおよそ大さじ1~3杯。しかし最初は自分の体質に合うかどうかもありますから、大さじ1杯程度と少ない量から始めましょう。それから少しずつ増やし、適量に整えていくとよいですね。こちらもしっかりお湯を混ぜてください。

そもそも、なぜ夏は多く皮脂が出るのでしょう? その答えは2つあり、どちらも「汗」と関連しているそう。1つは、汗が蒸発する際、水分が減った肌を潤わせようと皮脂が多く出てしまうこと。もう1つは、体温を調節するために出る汗とともに皮脂が分泌されていること。しかも、皮脂は汗が蒸発したあとも肌に残ります。重曹は、多く出やすい上に残ってしまう皮脂のケアまで行ってくれるのです。

悩み別 入浴剤の選び方


最後に、夏の日常で起こる「汗」「エアコンでの冷えなど」「紫外線のダメージ」と、用途別における入浴剤の選び方をご紹介。

「汗」に対しては、清涼感や引き締め効果があるものを選ぶとよいそう。また、入浴剤の色を寒色から選べば、見た目にも涼しい雰囲気が漂います。
「エアコンでの冷えなど」には、無機塩類系入浴剤や炭酸ガス系入浴剤、他には生薬を入れた薬用植物系入浴剤などがよいそう。カラダが温まり血行がよくなるそうです。
最後に「紫外線のダメージ」。こちらは、スクワランやセラミドなど肌を守るといわれている成分が配合されたものを選ぶとよいそうですよ!

「ハッカ」は、保温と湯上がりの涼しさ、「重曹」は汗ばむことを防ぎ皮脂のケアまで……どちらも夏に活躍するすごい力を持っているんですね! ちょっとした一工夫で、バスタイムをより快適な時間にしてみませんか?
(らくしゅみっくす)
1

この記事を書いたライター

らくしゅみっくす
大切なのは潜在意識、内側から変化を。編集兼ライターでビジネス、ライフハック、マネー術、美容、ファッションなど担当。受付嬢等の経験から心理分析も。音楽、動物、自然が好き

関連記事