本当はそう思ってねぇんだろ……「かわいい」を連呼する女子に対する男の本音

どうもこんにちは。ゲイライターの渋谷アシルです。

巷の女子を見ていると、かくもこの世は「かわいいもの」にあふれているのかと錯覚することがあります。だって、口を開けば「かわいい~」を連呼する人が多いじゃない。犬や猫を見て「かわいい」、他人の子どもを見て「かわいい」、パンケーキを見て「かわいい」……って、そんなに言うほど?

その女子特有の「かわいい~!」に対して、男がどう思っているのか。今回はそれを掘り下げてみたいと思います。

目次 [開く]

ボキャブラリーが貧困すぎる


感情が動いたことを口にするのは非常に大切なこと。うれしかった、感動した、幸せだった……。心が動いた瞬間を共有されれば、相手への理解も深まるでしょう。ただし、それを表現するボキャブラリーが、「かわいい」しかないって、あまりにも語彙力が貧困過ぎじゃないかしら。

男って、ちょっとバカっぽくて守ってあげたくなるような女子のことは好きだけど、「本当に頭の悪い女」のことは嫌いなのよね。むしろ、意外なところで知性が感じられると、敬意の念が生まれる。そこから恋愛に発展することも珍しくない。ほら、「尊敬し合える関係が理想」って、よく言うじゃない? それを踏まえると、ボキャブラリーが貧困な女子は、論外ね。なにを食べても「ヤバイ!」しか言わない若い子と一緒よ。

“あざとさ”が全面に出ている


よくブサイクな女芸人を見て、「かわいい~」なんて言っている女子がいるじゃない? あれって本当にそう思っているのかしら。だから、「じゃあ、顔を交換できるとしたら、したい?」ってきいてみるんだけど、そうすると黙っちゃうのよね。

そこから見えてくるのは、ようするに、「ブサイクな芸人のこともかわいいって言える、やさしい私を見て」っていう、腹黒アピール。でも、決して自分はブサイク芸人の枠に入りたいわけじゃない。あくまでも、高みから「かわいい」って蔑んでいるだけなのよね。

これと同じで、犬や猫、他人の子どもにやたらと「かわいい」と言う女子も、あざとさの極み。「動物好き・子ども好き、つまりは家庭的なんです」って、暗に言っているってこと。そういう女子に限って、ろくに動物や子どもの世話もできない。騙されて結婚しちゃうとがっかりするパターンね。

主体性がない、“自分”を持っていない


「かわいい」を連呼する女子が形成されてしまう原因のひとつに、女子特有の複雑な人間関係があるんじゃないかしら。女子って共感・共有することで友情を深める生き物だから、自然と「かわいい」が女子の厄介な人間関係を渡り歩くためのパスポートになってしまっているのよね。

「あれ、かわいい!」「私もそう思う!」「かわいいよね~!」。これでみんな同じ気持ち、同じ考えを持っていることの証明になり、ひいては仲良しの認定になるのよ。でも、男はそうじゃないケースが多い。いくら友人でも、ちょっと違うと感じたことは口に出すし、それで続かなくなるような友情ならば、ハナからいらない。そもそも似た者同士で群れたいという欲求も低いしね。

だからこそ、「かわいい」を連呼する女子は、薄っぺらい人間関係しか構築できないのかな、と思われてしまうの。相手に合わせることしかできない、まるで主体性のない女子は、恋愛市場において選ばれないでしょう。だって、男側からすると、“おんぶに抱っこ”な恋愛スタイルが容易に想像できちゃうもの。

これまでなんの考えもなしに「かわいい」を使ってきたアナタ。明日からは、「かわいい」と言う前に、ちょっと考えてみた方がいいわよ?
(渋谷アシル)

この記事を書いたライター

渋谷アシル
昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント

関連記事

今、あなたにオススメ