ベッドイン直前で幻滅! 女子を萎えさせた男たちのドン引き行動

「彼になら、抱かれてもいいかも……」
男女が惹かれあうのは本能的なもの。容姿、匂い、そして低く響く彼の声……。そんなものを一瞬で判断し、「この男と寝たい」と思う瞬間だって女にだって確かにあるのだ。

「行こう」という彼の言葉に頷き、背中を押されドキドキしながらタクシーに乗り込むあなた……。けれどホテルに着く寸前、または部屋に入ったあと、こう叫びたくなったことはないだろうか?

「やっぱこの人とはムリムリ~!! さっきの取り消し!!!」

今回は女性たちが「結ばれる寸前で幻滅した男性の言動」について調べてみた。女性の皆さんは、結局寝るのをやめた“あの男性”を思い浮かべながら読んでみてほしい。

目次

ドケチクーポン男編


・「合コンで知り合った彼は“恐怖のクーポン男”だった。受付で店員に『このラブホクーポンを見て来たんですけど使えますか?』だって。彼とは初めての夜なのに。もしそれを使うならせめて私のいないところでやって欲しかった。むかついて部屋に入るなり『あ、生理来ちゃった』って帰りました」(20代・ホールスタッフ)

――いつの時代も“クーポン男”は女子から「セコいやつ」と嫌悪感を抱かれるモノ。ホテル代となると、なおさら幻滅は倍増。
女はデートでケチられると自分までディスカウントされたような気分になるもの。彼はお得な割引と一緒に、彼女からの好意をもお値引されてしまったのだ。

おまかせマグロ男編


・「友達の紹介で出会い、何度かデートした彼は私には勿体ないくらいのイケメン。ある夜、いいムードになって彼の部屋にゆき、何度かキスを繰り返し『押し倒されるのかな』って目を開けたら、ベッドの上にはズボンを下ろしどーんと横たわった彼が。『君の好きなようにしていいよ~』だって。AVの見すぎじゃないの? 良物件なのに売れ残ってたワケがよ~くわかった」(30代・歯科衛生士)

――聞くところによると、風俗店などではいわゆるこの“騎乗位”と呼ばれるスタイルがとても人気があるようだ。確かにそのスタイルならば男性は楽ちんだろう。けれど女性からすれば、やる気を放棄した魚のようなその姿は、女を確実に萎えさせるのだ。

LINEで実況男編


・「シャワーから出て、彼が夢中で操作してるスマホ画面を覗き込んでみてみたら『今からヤルところ』『女はいま風呂』とかLINEで逐一実況してた。『どういうこと!?』ってものすごく怒ったら、『友達に自慢したかっただけだよ~!』って。いくらそうでも抱き合ってる姿の画像や行為中のアレコレが実況中継されそうだと思えてしまい、その場で即別れた」(20代・マーケティング)

――男性は男友達にはあけすけな話をするもの、とわかっていても、こんなことをされたら女はたまったものではない。スマホとLINEの普及でプライベートの流出に抵抗感が薄くなっている人も多いハズ。この女性のように自分の身は自分で守ろう。

いきなり脱ぎ散らかし男編


・「体育会系の彼とホテルに入ったときのこと。部屋に入るとものすごい勢いで服を脱ぎだして、靴下一枚の姿で“お前にロックオン!”って……。緊張してた私をリラックスさせようとしてくれたのかもしれないけど、その姿にドン引き。流されて寝ちゃったけどエッチも雑で、以後会ってません!」(30代・webデザイナー)

――想像してみよう。靴下だけを身に付けた裸の男性があなたに突進してくる姿を……。噴き出すか呆れ果てるかはあなた次第だが、女のその気を失うほど滑稽なことは間違いない。もともと靴下を履いていない“素足に靴”の男性だったら良かったのかも……。

全力探究男編


・「私が初めての彼女、という男性とラブホに行ったときのこと。ハイテンションで、やたらはしゃがれて困った。照明、泡風呂、ローション、そして“大人のおもちゃ”といった備品すべてに歓声をあげ、『ねえコレ全部試してみようよ!』と。気持ちは分かるけど私の好みも考えず、ひたすらいろいろ試そうとする彼をみてたら冷めた」(30代・建築設計)

――女が“ふと冷静になる”というのは危険な瞬間である。男性は意中の女性に対して「私、なんでこんなことやってるんだろう?」と考えさせる隙を与えてはいけない。男性よりも慎重派の多い女性は、我に返ってしまえば冷めてしまうことも多いのだ。

女を萎えさせるのは、男性の“ホンネ剥き出し”な行動


誰だって楽はしたいモノ。
このご時世、ほんのすこしでも財布のヒモは締めたいし、プライベートではなるべく労力を使わずして快楽を得たい……。それが多くの男の本音ではないだろうか。

けれどその本心が見えてしまった時、女は心が冷めるのを止めることはできない。
「お金も時間も労力もつかいたくない、でもイイ思いをさせて!」という部分を見透かしてしまったら最後、寝る気を失ってしまうのだ。

「本音」は人の心を傷つける可能性も含む。だから普通の社会では「こんなこと言っちゃいけないよなあ」とそれぞれの心のなかにうまく隠されているものだ。
けれど「寝るか、寝ないか」という動物的な本能がぶつかり合う場では、とくに男性は“ついうっかり”秘めていた本音を漏らしてしまうことが多いようだ。それが女に「寝る寸前で帰りたい」という気を起こさせる原因だろう。

本性をオブラートで包んでうまく優しい言葉に置き換えるのが、「恋愛における相手へのいたわり」ではないだろうか。
いたわりや気遣いのない男性となど誰も結ばれたくはない。
男も女も互いに思いやりをもって、楽しい大人の夜を過ごそう。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニストとして活動し、ヒット記事の数々生み出す。大手ポータルサイトにてコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題を得意とし、文章セミナー、婚活セミナー講師も手がける。