カタすぎて面白みナシ? いい子なのにモテない”板チョコ女子”の特徴とは【イラストコラム】

女の子をさまざまなスイーツに見立てて分析してきた「スイーツ女子図鑑」。今までは、モテ系12種類の女子を紹介してきました。「こんな女子、いる!」「こんな女子になりたい!」などなど、たくさんの反響をいただいてきましたが、「私はモテないから当てはまらないかも……」と、どこか遠巻きに見ていたいう人もいたはず。
そんな人のために、非モテ系女子をスイーツに見立てた「非モテスイーツ女子図鑑」を、数回に分けてお送りします!
スイーツ女子図鑑@イラストコラム
スイーツ女子図鑑@イラストコラム

目次 [開く]

板チョコ女子


今回ご紹介するのは、板チョコ女子。アレンジされていない、濃厚な板チョコ。でも、お菓子の材料にするとき以外は、かたくて味に変化のない板チョコよりも、アーモンドチョコやトリュフなど、食感や風味にバリエーションのあるチョコを選ぶ人のほうが多いのでは?
そんな板チョコみたいな存在の女の子が、板チョコ女子です。
「非モテスイーツ女子図鑑」! 今回はカタすぎる板チョコ女子の特徴
「非モテスイーツ女子図鑑」! 今回はカタすぎる板チョコ女子の特徴

カタくてハイカロリー


板チョコの特徴は、まず第一に、「カタい」こと。ハイクラスな育ちの良さがにじみ出ているのです。私立出身が多く、親との関係が密。今まで付き合った人は一人か二人、恋愛は常に結婚を意識していて、彼氏ができると親に紹介するのが当たり前。
身だしなみはきちんと整える、というスタンスなので、ヘア&メイクにはそれなりの時間をかけます。でも、そこに遊び心は皆無。ネットやファッション雑誌に疎いからか、流行を追おうという意識もまったくありません。
肌と髪はもともとキレイなので、ベースづくりはシンプル。眉はしっかり、マスカラとヌーディーカラーのリップのみの、ワンパターンメイクです。でもコスメはドラッグストアでなく、デパートでライン買い。髪は、基本黒髪か無難な茶色。ストレートパーマで定期的に癖を整え、毎朝カーラーで前髪と毛先を整えています(コテではなくカーラーを使っているところがポイント)。
そして生活習慣が乱れることはありえないので、スリムな体型をキープ。その華奢な体からは、神経質さも感じさせるほど。かといって、モデル体型に見えないのは、内気で奥手な性格によるものか、姿勢がよくないからかも。露出を控えた、上品な形のワンピースをよく着ています。膝丈のスカートから伸ばした足には、夏でも必ずストッキングを。二の腕、太もも、胸元などを一切見せないので、男子へのセクシーアピールはイマイチです。
上質なものを身に付けていて、ぬかりなく整えているのに、どこかダサい印象になってしまっている感が。

板チョコ女子VSティラミス女子


板チョコ女子に、遊び心と好奇心が加われば、お嬢様だけど奔放なティラミス女子に。上品で質のよいアイテムを身につけながら、流行のシルエットを選んだり、映画のヒロインになりきったスタイルをしてみたりと、ファッションを楽しんでいるティラミス女子。ティラミス女子は恋愛に関しても冒険心が強く、様々なシチュエーションで相手をその気にさせるのが得意です。板チョコ女子のモテへの第一歩は、「遊びに誘いたい!」と思わせる雰囲気づくりから。たまにはいつも買わないお店でショッピングしてみると、新しい世界が開けるのかも。
(大石蘭)

この記事を書いたライター

大石蘭
ファッション・ガールズカルチャーをメインに、 女の子のかわいいを追及するライター・イラストレーター。WEBや雑誌のほか、ブランドコラボなど多岐にわたり活動中。

関連記事

今、あなたにオススメ