じつは彼が失笑している「彼女の過去」4選

失笑というものは、売っているものではありませんが、失笑を買われている人は多いみたいです。
今回は、じつは彼が失笑している「彼女の過去」について迫りたいと思います。
さっそく見ていきましょう!

目次 [開く]

1:サッカー部のマネージャーをしてた


「ぼくの21歳の彼女は、高校時代、サッカー部のマネージャーをしていて、よくモテていたらしく、酔っ払うと『サッカー部のマネージャーをしてたあたしって、かわいくてマメじゃない? いい女でしょ!?』と言います」(24歳・レンタルビデオ)
著者はよく知らないんですが、運動部のマネージャーをしていたというのは、ある種の女子にとってステータスなんでしょうか?

2:昔はEカップだった


「ぼくが彼女のおっぱいを揉むたびに『昔はEカップだった』という彼女! それって自慢してんの?」(27歳・IT)
男子は「昔はおれのチ●コ、18センチあった」とか、言わないですよね。縮むものではないので、言えないのでしょう。まあ縮むものと言えば縮むものですが……。
ちょっと自分でも、なにを書いているのかよくわからなくなってきました。

3:昔はよくクラブに行っていた


「いまぼくが口説いている女子は『昔はよくクラブに行っていた』と言います。それってただの遊び好きってことじゃないの?」(28歳・コンサル)
クラブに行っていた自慢をする女子もたしかにいますよね。男子は、そういう自慢をしれっと聞きながら「このヤリ●ン」とか、女子に失礼なことを妄想していたりします。

4:教室に「付き合ってください」と土下座しにきた男子がいた


「彼女と高校時代の話になったとき、彼女は、教室に『付き合ってください』と土下座しにきた男子がいたと言います。もう5回くらい聞きました。それって、あたしかわいい自慢ってこと?(笑)」(25歳・飲食)
あ~、こういうタイプの女子は、以前、取材でお会いしました。
あたしかわいい~と、思っていないふりをして、じつは腹の中で「あたしほどかわいい女はこの世にいない」くらいのことは朝飯前で思っているタイプ?

今回は少々意地悪いコメントをしてみました。
が、かわいければそれでOK!
たとえ失笑されようが、かわいければそれでOK!
難しい話は抜きにして、かわいければそれでOK! なのです!
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ