映画『マイ・インターン』から学ぶ 頑張り女子が付き合うべき理想の男性像とは

映画『プラダを着た悪魔』から9年――。超厳しい上司の元で、恋に仕事に奮闘しながらファッション業界でキャリアップしていくヒロインを演じたアン・ハサウェイが、ファッションサイトの社長役として登場する話題作『マイ・インターン』。本作は決して『プラダ~』の続編ではないものの、その後のアンドレア(アン・ハサウェイ)として思わず重ねて観てしまう方も多いはず。
気になるアンの衣装は『セックス・アンド・ザ・シティ2』のスタッフが担当。お気に入りのスタイルを見つけてみて。(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
気になるアンの衣装は『セックス・アンド・ザ・シティ2』のスタッフが担当。お気に入りのスタイルを見つけてみて。
(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

目次

ストーリー


ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、優しい“主夫”の夫と幼稚園に通う娘を持つ女社長。今をときめくファッションサイトを経営し、忙しい毎日を送っていた。華やかな世界に身を置き、家庭も充実、働く女性達からはまさに“理想的な”まなざしで見つめられる彼女だったが、突然、人生の試練がやってくる。
そんな折、会社では福祉事業として“シニア”インターンを受け入れることに。そこへやってきたのは、ジュールズより40歳も年上のインターン、ベン(ロバート・デ・ニーロ)だった……。

お手本にしたいワーキングファッション


劇中ではアン・ハサウェイが身につける衣装の数々も見どころだ。ハイブランドからリアルクローズまで幅広く着こなすコーディネートにも注目したい。
たとえば、出社時に羽織っているコートは、“マーティン グラント”。他にも、“ヴィクトリア・ベッカム”のドレスに“ロジェ ヴィヴィエ”のシューズを合わせていたり、“バンド オブ アウトサイダーズ”のジャケットに“セリーヌ”のバッグといったオフィススタイルまで、見ているだけでわくわくするような素敵なコーディネートたちが映画の中にはちりばめられている。
忙しさ(!?)と運動不足解消の為に社内を自転車で移動するジュールズ。周りの社員たちのファッションもキュート。(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
忙しさ(!?)と運動不足解消の為に社内を自転車で移動するジュールズ。周りの社員たちのファッションもキュート。
(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

ベンこそ“理想の男性”像!?


そして筆者が何よりも注目したのが、70歳の “シニア”インターン、ロバート・デ・ニーロ演じるベンの存在だ。
というのも、既に観た周りの女性からは「ベンみたいな人と結婚したい!」という声が多数。女子からの人気が圧倒的なのである。
ベンは、40年間電話帳制作会社の部長として営業と広告を担当してきた敏腕ビジネスマン。常にスーツで出社し、洋服や鞄、持ち物にも気を遣う。様々な人生経験もあり、ジュールズが本当に困ったときに、さっと手を差し伸べてくれる。
時には、言われずとも彼女が求めていた仕事をサラリと済ませておくことも。そして、彼女が仕事に奮闘している時には、決して「頑張れ!」とは言わず(もうすでに頑張っているから)、そーっと応援。仕事と家庭との間で葛藤し涙した時には、ハンカチをそっと差し出してくれる。
――書いてるだけで、何故か私が泣けてきた。それくらい、イイ男なのである。部下を多数持つバリキャリ女子にとっては、たとえ可愛くても年下男子を育てる余裕なんてなし(部下を育てるので精一杯)。ベンのように包容力のある男性こそが、心許せる存在となるであろう。一見地味かもしれないが、周りにこんな男性がいないか、改めて確認する必要がありそうだ。いや、ありそう……ではなく、今すぐ確認するべし!

さいごに


劇中では、ジュールズの最大の味方、ベン役をロバート・デ・ニーロが味わいたっぷり演じている。過去のデ・ニーロをよく知る映画ファンにとっては、「こんな温和なまま終わるはずがない。いつか豹変するんじゃないか。(BGMは『ゴッドファーザー』で)」と思ってしまいそうだが、勿論その心配はご無用(笑)。途中で彼の代表作『タクシードライバー』のオマージュが入ってるのも楽しいところ。「レ・ミゼラブル」な状況に陥るアン・ハサウェイとの共演を、ぜひ映画館で楽しんで頂きたい。
(mic)

『マイ・インターン』は2015年10月10日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
1

この記事を書いたライター

mic(ミック)
俳優、シネマスタイリスト。兵家県西宮市出身。コラム執筆、TV・ラジオにて様々な映画を紹介する一方で、女優としてひとり芝居や映画出演、舞台挨拶や来日記者会見のMCとしても活躍している。

関連記事