彼らは普段どんなことを話しているの!? 男同士の会話の内容とは

どうもこんにちは、友達が少ないゲイライター、渋谷アシルです。

もうすぐイベントラッシュのシーズン。女友達で集まって「女子会」を開くことも増えるんじゃないかしら? ぼくも女子会にお呼ばれして何度か参加したことがあるけれど、そこでの話題って、もっぱら「恋愛」がメイン。女子は恋バナが大好き。そんなに話すことがあるのかしらってくらい、恋愛ネタで盛り上がりますよね。

では、男子だけで集まる飲み会、「男子会」ではどんなことが話題にあがっているかご存じですか? どうせエロ話でしょって? いえいえ、意外と男子会って深いのよね。

ということで今回は、「男子会で男達が話していること」について解説してみたいと思います。女子のみなさま、要チェックよ。

目次

男同士での会話って、意外と真面目!?


前述の通り、男同士で集まるとどうしてもエロトークで盛り上がっていると思われがち。だけど、それはせいぜい20代前半までの話。30代に差し掛かると、男同士で話すことにも変化が訪れるの。じゃあ、いったいどんなことを話しているのかというと、「仕事」について。

一般的な30代男子のなかに芽生えるもの、それは「責任感」。仕事である程度のポジションを任されるようになったり、あるいは異業種への転職を考えたり……。それを真っ直ぐに相談できるのが、親しい男友達になるのよね。だから男子が集まると、案外真面目な顔をして将来について語ったりするのよ。

もちろん、恋愛について話すことだってあります。でも、それも「責任感」に紐づくもの。ずっと付き合っている彼女との結婚や、あるいは奥さんとの将来設計についてを話すのであって、決して「あの子かわいい」とか「どんな女がタイプ」だとかで盛り上がっているわけじゃないのよ。というか、30代にもなってそんなことしか考えていない男ってどうよ。ちょっと子どもすぎない?

女子とは異なり、はっきり意見する


それと、女子会との大きな違いは、無駄に共感し合わないということね。女の子同士が集まるとよく聞くフレーズが「わかるわかる~」ってやつ。これ、男同士ではなかなか耳にしません。

男子は無駄を省き、論理的に考えがちな生き物。なので、問題提起として出した話題に対して意味のない共感は求めないのよ。それどころか、間違っていると感じたときには、「それ、違うと思うよ」なんてはっきりと口にします。

ぼくもよく「アシルは間違ってる」「アシルが悪い」「おかしい」「やばい」「クズ」なんて言われるのよね。……別に嫌われているわけじゃないわよ? それでも次に会ったときにはなんの後腐れもなくお酒を酌み交わせるんだから、男同士って楽よね。

男は説明するのを極端に嫌がる


なかには彼氏に「男同士ってどんなことを話すの?」って聞いたことがある人もいるかもしれないわね。でも、たいてい「別に」なんて言われない? そんな風に言われちゃうと、「どうせ女子には言えないことなんだろうな……」って疑っちゃうわよね。

でも、それは違うの。男が説明をしない理由、それは単純に「面倒だから」。そして、男は「カッコつけたい生き物」だから。彼女にいちいち男子会のことを説明するのは面倒だし、なにより真面目な話をしているなんて知られたくない。そんなのこっ恥ずかしい! ただそれだけなのよね。へんなのー。

そんなわけで、男同士でなにを話すのかを詮索するのはやめてあげてください。別にやましい話で盛り上がっているわけじゃないんだから、生暖かい目で見守ってあげるのがイイ女ってやつよ!
(渋谷アシル)
1

この記事を書いたライター

渋谷アシル
昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント。オトコに振り回される世の女性のために、ひとり勝手にPCに向かう毎日。

関連記事