ここを強調したら彼氏ができる!? 女子として強調すべきパーツ4つ

一般的な傾向として、恋愛が下手な女子は、強調すべきところを強調していないように見受けられます。
強調すべきときに、「協調」してしまっている、みたいな……。
今回は、これまで取材を通して聞いてきた多くの男子の証言を総合的に捉えて、「女子として強調したらモテまくるのではないか」と思えるあれこれに迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

目次

1.おっぱい


定番中の定番だろうと思います。おっぱいの体積の多少にかかわらず、「おっぱいにフィットしている洋服」を見ると、俄然萌えるという男子の証言多数。
だから、おっぱいにフィットしたセーターを着るとか……そういうことが、ある意味ではモテにつながると言えるのではないかと思います。

2.お尻


こちらも定番中の定番だろうと思いますが、お尻を外してしまったら、この項が成立しないように思ったので、書きました。
お尻が大きいことをコンプレックスに思っている女子もおそらく多いかと思いますが、お尻が大きいとモテるということを主張している識者もいます。
「大きなお尻は子孫繁栄の象徴」と、男子は捉えていると……なにやら男子全体が非常に賢い分析をしつつ女子のお尻を眺めているかのような理由を述べている識者もいます。

3.舌の長さ


なにかあったときに、ペロッと舌を出す女子はエッチそうでモテまくるのではないか?
何人かの男子がこう言っていました。
さらに「舌がすごく長いと、すごくエッチそう」という証言もありました。
20歳そこそこの人だと、飲み会で「あたしの舌の長さ自慢」をすることもあるかと思いますが、ベロンと出された長い舌に「エロ」を見てとるのが、男子はうまいのでしょう(か)。

4.母性本能


母性本能と言えば、即マザコンときそうですが、ここで言う母性本能とは、安定感のことです。
(やっぱり)若い男子は、自分のお給料の少なさとか、将来への不安とか、恋愛をどうすればいいのか分からないというような悩みを山のように抱えており、そういう悩みを包み込んでくれる女子のことが好きらしいです。
オラオラ系の男子だって、ひと皮剥くとそういう傾向があるように思います。男を作っている「素材の基本」は、男子全員に共通するわけですから。

いかがでしたか?
自分のカラーやにおいを持つことなく、無難に「協調」しまくっている女子のみなさんは、ご紹介した4つのうち、どれか1つでも強調してみると、案外すぐに彼氏ができるかもしれません。
「あたしのおっぱいに食いついてくる男なんて、ろくなものじゃない」と思う人もいるかと思いますが、でも恋愛って、そういうきっかけがないと、前に進まないと思いませんか?
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作家/コラムニスト/作詞家。キルケゴール哲学をベースに、なんとなく淋しい人に向けた希望論&恋愛論『自分を愛する方法』を上梓。全国の書店等で発売中。『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの男って実は』(Grapps)など連載多数。日本自殺予防学会会員。キルケゴール協会会員。

関連記事