彼女の女友達を紹介された時、男が感じる本音とは

どうもこんにちは、引っ込み思案なゲイライター、渋谷アシルです。

新しい彼氏ができたら仲の良い女友達に披露したいもの。それが自分史上良い男だったらなおさら。「かっこいいじゃん」「幸せものだね」なんて女友達から認められれば、なんだか鼻高々よね。

だけど、その一方で、「わたしの友達に手を出したらどうしよう」「かわいい子には紹介したくないな」なんて不安もあったりしない?

では、本当のところ、男たちは一体どう思っているのかというと……。

目次

男が考えていることは、ただひとつ!


「彼女の女友達に会うときは、緊張する。変なやつだって思われたくない」
「値踏みされるってわかってるから、いつも以上に気合いが入る」
「できるだけスマートに振る舞おうと頑張っちゃうから、とにかく疲れる」
――などなど、世の男性はこんな風に思っているみたい。これって、結局は「男はかっこつけ」ってことに集約されちゃうのよね。

男はいくつになったって、「女子の目線」ばかりを気にしてしまう生き物。「かっこいい人だな」って思われたくて仕方ないんです。だから、いつも以上におしゃれな格好をして、いつも以上に紳士的に振る舞って、いつも以上に愛嬌を振りまく。そんな彼氏を見て、「ふたりでいるときと違う!」なんてイライラする人もいるかもしれないわね。

だけど、そこで怒っちゃうのはナンセンス。だって、それは彼氏の「よそゆきの姿」なんだから。思い返してみれば、自分だって初対面の人の前では良い女ぶったりするでしょう? 誰だって第一印象は良くしたいものです。言うなれば、そんな彼は壁を作っている状態なわけ。

逆に、女友達の前とふたりでいるときとでギャップがあればあるほど、彼はあなたに心を開いてくれているってことよ。だからもしも頑張っちゃっている彼氏の姿を目の当たりにしたら、温かく見守ってあげてちょうだい。

女友達との浮気を心配する必要はない


それと、「彼氏が女友達と浮気するかも」っていう不安について。これについても、よっぽど「下半身脳」を持っている男じゃない限りは心配いらないと言えるでしょう。

だって、彼女の女友達に手を出すなんて、修羅場が目に見えているじゃない。バレたら血を見るかもしれない。そんな危険を犯してまで浮気に走るバカな男はそうそういません。それならば、どう考えても彼女とつながりようのない職場の同僚とか、昔の同級生とか、そっちに走るほうが賢い選択よね。近場の美人よりも遠くのブス。ちょっと頭のまわる男ならば、そう考えるでしょう(それも問題だけどね)。

これは経験則だけど、彼氏ができたらどんどん女友達に紹介するほうが良いわよ。そうやって友達ぐるみのお付き合いをしていくことで、輪が広まり絆も深まるもの。それに、彼の意外な一面を知ることができたり、逆に女友達から彼の問題点を指摘してもらったりできる。彼の人となりを知っている人が身近にいれば、なにかあったときに相談もしやすいわよね。結果として、それが長いお付き合いにつながっていくんじゃないかしら?

女友達は、リトマス試験紙みたいなもの。彼との真剣なお付き合いを考えているならば、なにも心配しないでどんどん女友達に紹介してみてね!
(渋谷アシル)
1

この記事を書いたライター

渋谷アシル
昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント。オトコに振り回される世の女性のために、ひとり勝手にPCに向かう毎日。

関連記事