男子がウホッとしちゃう“なにげない女子のクセ”4選


気になる男子をウホッとさせて、しれっとつきあっちゃう……恋愛のセンスに恵まれている女子は、こういうこともできるそうです。

今回は、恋愛のセンスに恵まれていない女子でもできるであろう「男子をウホッとさせちゃう言動」についてお届けします。さっそく見ていきましょう!

目次 [開く]

1.自然に手に触れてくるクセ


「会話しているときなど、なんでもないときに、自然にぼくの手に触れてくる女子って、ウホッと思いますよね」(25歳・教材販売)

意図的なボディタッチではなく、生まれつき相手との距離が近い人っていますよね。
好きでもない男子の手をしれっと触ってしまって、その男子に誤解されてストーカー被害にあってしまった……こんなことがないように気をつけたいところです。

2.酔うとなぜか密着してくるクセ


「酔っ払うと、なぜかぼくに密着してくる女子がいます。ウホウホしちゃいます」(27歳・不動産)

男子は酔っ払って女子に密着すると、当然のように女子に怒られるか、翌日からしれっと口をきいてもらえなくなるか……というところだろうと思いますが、酔っ払い女子がそのようなことをやると、男子はウホッとしちゃう……きっと女子から近づいてくるのを待っているのではないかと思います。

すっごくイヤな女子に近寄られたらイヤだけど、そうでもない女子には密着してもらいたい、というのが、ひとつの酔っ払い男子のホンネでは?

3.相手の目をまっすぐに見るクセ


「話をしているとき、いつもぼくの目をまっすぐに見てくる女子がいます。ドキドキしつつもウホッとなります」(27歳・IT)

相手の目を見て話をするクセがある女子って、恋愛において有利なのかもしれません。営業職の女子のなかで、売上がいい女子って、おおむね、人の目をまっすぐに見ているように思います。

4.男子の申し出を断れないクセ


「ぼくとごはんに行くくらいなら、きっといるであろう彼氏とごはんに行きたいんだろうな……と、ぼくは想像するのですが、ぼくの申し出をいつも断らない女子! ウホウホします」(29歳・建築)

断るレベルが高いというのも、男子がウホッとしちゃうことなのでしょう。
酔っ払ってキスをされても、イヤそうにするけどされるがまま(で、翌日からもその男子とふつうに接する)とか、とくに酒場まわりには、こういう「いわゆるAとBまでは、まあされてもしかたない」と考えている女子がいますが、断れないゆえのトラブルも当然ついてまわるわけで……。(Aはキス、Bは……ということです)。

いかがでしたか?
酒場でAとBをされても、まあしかたないと思っている女子がいると、少々極端なことを書きましたが、そのへんまで許せる女子は、おおむね男子ウケがいいのではないかと思います。が、ふつうはそういうところまで許さないですよね。

気になる男子の目をまっすぐ見るとか、なにげなくごく自然に手に触れるとか、そのあたりのことができれば、それで十分なように思います。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ