彼氏をたてるいい女になる方法♡ 褒めすぎるのは逆効果

彼氏をたてるいい女になる方法♡ 褒めすぎるのは逆効果の1枚目の画像

彼女の行動や言動ひとつで、周りから見た彼の株はグングンアップ! それを実感する彼はもちろん喜び、2人の関係は深まる一方……♡ こうして彼をイイ男に仕立てる彼女こそ、イイ女であるとも言えますね。そのために身につけておきたいスキルがひとつ! それは“男性をたてる”ということ。
とは言うものの、いつどんな時、どうすれば男性をうまくたてることができるのかイマイチわからないものです。彼をたてるつもりでしていた行動も、実は逆効果……なんてことにならないためにも、男性を上手にたてるポイントを紹介します。

否定はもちろんNG!! だけど人前での褒めすぎも逆効果


“男性をたてる=褒める”という解釈をする女性は多いのではないでしょうか? これは正しくもあり、間違いでもあると言えます。なぜなら、聞く側からすれば人前で彼を褒めまくる姿は、ノロケている姿と何ら変わりないと感じてしまうからです。

彼をたてるつもりで褒めていても、ノロケているバカップルと思われてしまっては本末転倒。人前で彼を否定することはもちろんNGですが、自ら率先して褒めまくらなくてもOK。たとえば誰かが彼を褒めた時に、同意するだけで十分。あくまでさりげなく、そして否定はタブー。まずはこれに限ります。

「彼っておもしろいの♡」エピソードは話さないほうが無難!?


男性は「かっこいい」と褒められる以外に、「おもしろい」と思われることにも喜びを感じます。家族や友達との会話の中で、誰かの“おもしろエピソード”で盛り上がる場面はよく見られますが、「彼がおもしろい」ということを彼女が話し始めることは避けたほうが吉。

彼が周りから、“おもしろい人”であると認識してもらえることは決して悪いことではなく、きっと話も盛り上がります。しかし、おもしろい話には“彼の恥ずかしい一面”が含まれていることが多いです。

そのためウケがよくても、彼にとって彼女以外には知られたくなかった話であるかもしれません。また周りには、彼女に暴露されている、バカにされていると受け取られてしまうこともあるので“おもしろエピソード”で会話が盛り上がる時は聞き手に徹しましょう。

道や建物の入り口……狭まるところは一歩引いて譲る


テーブルに座る時や座敷に上がる時、また建物に入る時など2人同時に進むことは難しいですよね。そこで彼が「どうぞ」と譲ってくれる前に、まずこちらが早めに立ち止まり“一歩引いた”体制をとっておくことがベスト。
そうすることで彼に気を遣わせることなく、自然に先に行かせてあげることができますね。“男性をたてる”という点において、狭い道を歩くときや、建物に入る時に彼を優先させることは絶対です。


どうすれば男性をたてることができるのか、またどんな時にそうするべきなのか、最初からわかる女性のほうが少ないと思います。しかし彼との円満なお付き合いのためには、絶対と言ってもいいほど必要なスキル。

特別難しいことはなく、ざっくり言ってしまえば“人前で彼より上の立場に立とうとしない、一歩下がって彼の行動を優先させる”この2つを意識することであると考えます。
大人の恋愛は女性に求められる課題が多いですが、難しく捉えず“さりげなく”行動に移していきましょう♡
(RIKO)

この記事を書いたライター

RIKO
平成生まれのママライター。趣味は、読書、美容、グルメ、おでかけ

関連記事

今、あなたにオススメ