彼女が大好きで仕方ない! 束縛彼氏とうまく付き合っていくためには?

付き合った恋人が束縛彼氏だった!という話をよく耳にしませんか? 彼女が大好きなあまり、行動や友だちを制限する彼。付き合いたてやたまに嫉妬されるならまだ許せますが、ちょっしゅう束縛されたら辟易してしまいます。

もし付き合った彼がヤキモチ焼きだったら、どのような対応をすればいいのでしょうか。束縛彼氏の特徴を対応策を紹介します♡



目次 [開く]

制限がキツい! 束縛彼氏の特徴6つ


女性を困らせるダメ男の代表格に、「束縛彼氏」が挙げられます。しょっちゅうLINEや電話で連絡をしてきたり、他の男性と話すだけで嫉妬をしたりなど、度を過ぎた束縛には彼女もうんざり……。

愛されているのは嬉しいけれど、彼女の自由を束縛しようとするのは、愛が重過ぎますよね。今回は、束縛彼氏の特徴とともに、「なぜ束縛彼氏がいるのか」の理由を紹介します。



束縛彼氏の特徴1. 彼女が他の男性と話すと不機嫌になる


束縛彼氏が嫉妬する対象は、自分以外のすべての男性。ただの男友だちや職場の同僚と話しているだけでも、不機嫌になってしまいことがあります。多少のジェラシーなら、最初はかわいいと思えるかもしれません。しかし、毎回機嫌が悪くなってしまったら、対応するだけで疲れてしまいます。

嫉妬心を煽らないようにするには、男性の話をなるべく避けておくのが望ましいですね。



束縛彼氏の特徴2. SNSや行動を事細かにチェックする


いつ・どこで・誰と・何をしているか、逐一チェックしてくるのも束縛男の特徴。また、彼女のTwitterやInstagram、Facebookを見て、コッソリ情報収集している人もいます。

もちろん、彼女の心配をしているだからかもしれませんが、仕事中や友だちと過ごしているときまで連絡くるのは、たまったものではありません。



束縛彼氏の特徴3. 連絡をマメに返さないと不機嫌になる


自分から連絡するだけではなく、彼女にも小まめに連絡することを求めます。LINEが既読になっているのに返さなかったり、電話に出なかったりすると、たちまち不機嫌に……。

彼女からのリアクションが遅いと、「浮気しているのでは?」「ほかの男と会っているのでは?」と疑心暗鬼になってしまいます。彼からの連絡は気づき次第、すぐに返すのが吉!



束縛彼氏の特徴4. 彼女のファッションを制限する


女性なら、好きな服装を楽しみたいですよね。しかし束縛男は、露出度が高かったり、異性の気を惹きそうだったりするファッションを嫌がる傾向にあります。誘惑するつもりではなく、自分好みの洋服を選んでいたとしても、「他の男性を誘っている」と勝手に解釈してしまうことがあるようです。

彼の前では、モテる服装ではなく、彼好みのファッションを着ておくのが無難。お気に入りのファッションは、女友だちと一緒にいるときに楽しみましょう♡



束縛彼氏の特徴5. 男女関係なく、付き合う人を制限する


束縛彼氏は、彼女の交際範囲をすべて理解しておきたいもの。それは男性に限らず、女性も含まれています。例えば、「女子会に行ってくる」と言われても、「なんで俺との時間を優先しないの?」と嫌悪感を表すことも。なぜなら、自分以外に過ごす相手がいることに対して、嫉妬心を感じるからです。

だから束縛彼氏は、彼女の付き合う範囲を制限し、行動を把握しようとします。



束縛彼氏の特徴6. 全てにおいて優先されないと気が済まない


彼女は、束縛彼氏にとって最優先の存在。何よりも大切な相手なのです。だからこそ、彼女にも同等の対応を求めます。もし、自分より仕事や女友だちを優先されてしまったら、たちまち不機嫌に。より、束縛が加速してしまう可能性もあります。

彼の前では、彼が一番大切で最優先していると行動や態度で示しておくのがベター。



束縛彼氏が彼女を縛ってしまう理由


彼女を一番に考えていて、いつでも連絡をしてくれるーーというのは一見、素敵な彼氏に思われます。しかし、度がすぎると彼女が引いてしまい、フラれるリスクも。大切にしていたはずなのに別れてしまったら、本末転倒ですよね。ではなぜ、束縛をしてしまうのでしょうか?

束縛男子が彼女を縛りたくなる理由を解説します。

束縛彼氏が彼女を縛る理由1. 過去に浮気されたことがあるから


昔付き合っていた彼女に浮気されたことがトラウマになり、束縛行為につながった場合が考えられます。ふたたび同じことをされて傷つきたくないという気持ちから、小まめに連絡をしたり、彼女の行動に制限をかけたりしてしまうのです。

彼が過去の恋愛のトラウマを克服しなければ、束縛が減ることは難しいようです。



束縛彼氏が彼女を縛る理由2. 他の男性に取られそうで不安だから


見た目がかわいかったり、女の子らしい言動だったりするモテる女の子と付き合うと、他の男性に奪われてしまうのではと気が気ではありません。彼女の気持ちを自分から離れてしまうのを恐れます。

特に彼女が職場や友だちとの飲み会など、異性と接触する可能性のある場所にいると知ったら、とても不機嫌に。より束縛したくなってしまいます。



束縛彼氏が彼女を縛る理由3. 彼女への思いが溢れているから


「大好きだからずっとそばにいてほしい」と強く願っている彼氏もいます。そういう男性は、恋愛の優先度が高く、常に彼女のことを考えないと気が済みません。

もちろん愛してくれるのは嬉しいですが、日常生活に支障をきたすくらい束縛されてしまったらアウト。彼と距離を置きたい……とマイナスに取られてしまう可能性があります。



束縛彼氏が彼女を縛る理由4. 自分に自信がないから


束縛彼氏は、根本的に自分に自信がありません。交際しているのだから、両想いであるのは彼も理解しているはず。しかし、自信がないため、自分よりレベルの高い男性に取られてしまうのを恐れて、束縛をしてしまうのです。

だから、彼女の交際範囲を制限して、他の男性との関わりをブロックさせようとします。



束縛彼氏との上手な付き合い方


束縛彼氏はちょっと厄介……。しかし、付き合う前に束縛する人かどうかを見分けるのはなかなか難しいもの。付き合っているうちに、エスカレートしてしまったパターンもあります。

彼の言動に付き合うのが疲れたから別れる、というのももちろんアリです。しかし、せっかく好きで付き合ったなら、彼の束縛と上手く付き合うという方向でかんがえてみるのはどうでしょうか? 束縛彼氏とコミュニケーションを円滑にとる方法をお教えします♡

束縛彼氏との上手な付き合い方1. 彼氏のことが1番であることを伝える


自分に自信がなく、常に心配性な彼。どんなに彼女が彼のことを大切に思っていても、行動で示さなければ気持ちが伝わらないこともあります。それに、付き合いが長くなると相手に対する態度も雑になりがち。

交際期間の長さに関係なく、「あなたのことを最優先にしている」と伝えることで、彼も嫉妬や束縛する気持ちが収まるはずです。



束縛彼氏との上手な付き合い方2. 愛情を伝えて不安を減らす


束縛彼氏は、とにかく彼女が自分のことを好きでいてくれるのかが不安。この気持ちは、寂しがり屋の男性に多い特徴です。そのため、自分と会っていない仕事中や友だちを過ごしている時間に、彼女の心が離れないか気になって仕方がありません。だから束縛をしてしまうのです。

誕生日や記念日など、特別なとき以外にも、こまめに愛情を伝えるようにしましょう。



束縛彼氏との上手な付き合い方3. ささいなことでもマメに連絡を返す


頭の中が彼女のことでいっぱいの束縛彼氏。どこで何をしているか四六時中、気になっています。もし連絡を無視されたら、浮気や自分から心が離れてしまったことなどを想定してしまい、余計連絡がきてしまうことも。

LINEや電話に気づいたら「あとで折り返すね」という一時返信だけでも構いませんので、すぐに連絡するようにしましょう。彼の不安を解消させることができます。



束縛彼氏との上手な付き合い方4. 彼との間に隠し事がないことを伝える


疑い深かったり、冷静でさい疑心があったりする男性は、常に用心深いため、束縛に走りがち。もし、人のことを信用しづらい彼氏だった場合は、自分の過去やプライベートのことなどを素直に話してあげるのがよいでしょう。もちろん、話して二人の関係が悪化することは、あえて話す必要はありません。

うそ偽りなく自分のことを話す彼女には、彼も心を開いてくれます。



束縛彼氏との上手な付き合い方5. 行動で安心させてあげる


これからも束縛彼氏と付き合っていきたいのなら、彼の束縛心を煽る行動はなるべくしないよう気をつけましょう。こまめに連絡をし、彼からの返事にも早めに返す、身だしなみやファッションも彼の嫌がるものは避けたが方がいいでしょう。

言いなりになるのは恋愛においていい状況ではありません。しかし、大好きな彼が不安になって束縛しないために、上記のことを少しだけでも意識してみてください♡



束縛彼氏とは上手にお付き合いをしよう!


束縛彼氏は、正直ちょっと手のかかる存在。でも、やっぱり好きなものは好き♡ 束縛が原因で別れないよう、行動や意識を改善してみてください。彼を想う気持ちは、きっと彼にも伝わるはずです!

彼氏と別れるべき瞬間を見極めよう 我慢ばっかりの恋愛じゃ幸せになれない

嫉妬の原因は自信がないせい? 彼に対してもやもやするのはどうして?

男だって傷つく! 別れに繋がりかねない女子のうっかり発言に気を付けて

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ