"今の彼と付き合い続けるべきか"迷った時にやるべきこと 相談は女友達より男友達に!

「彼のことはとても好き。でもこの彼とホントにつきあってもいいのかな」と迷いがでてくるのは、付き合っているとどうしてもぶつかってしまう悩みだったりします。そんな時、あなたはなにをやるべきなのか? 悩んだ時に考えたいことについてご紹介します。

目次 [開く]

1. 時間をおいてみよう


"今の彼と付き合い続けるべきか"迷った時にやるべきこと 相談は女友達より男友達に!の3枚目の画像

時間は、「この彼とホントに縁があるかどうか」を冷静にあなたに教えてくれます。縁がない相手であれば、その人とは時間とともに、不思議と関係が薄れていくんですね。
反対に縁がある相手であれば、「偶然」が増えます。たとえば、あなたが彼にLINEしようとスマホを握りしめた瞬間に、彼からLINEが来るとか、そういった偶然が増えます。
もちろん偶然が起きたからといって、その相手が運命の人であるという保証はどこにもないので、1回の偶然に舞い上がらないことも大切になってきます。

ぐっとこらえて、時間に身をゆだねてみて!


「この彼とつきあってもいいのかな」と思うと、どうしてもつきあう方向に物事を考えてしまいがちでしょう。でもそこをグッとこらえて、じっと時間の流れに身をゆだねることです。時間の流れのなかで、縁がある相手は浮かび上がってくるし、縁がない相手は沈んでゆきます。
若い時はとくに生き急ぎがちだろうと思いますが、つねに物事を判断する時は、一呼吸置く。これでいきましょう!

2.男友達に相談しよう


(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

「この彼とつきあっても大丈夫かな?」と思えば、女友達や、女の先輩に相談する女子も多いと思います。それでもいいのですが、男のことをもっともよく知っているのは、男です。なので、仲のいい男友達に相談することをオススメします。

男と女とでは、つねに男に対する評価がちがいます。たとえば女友だちが「あの彼はチャラそうだから、つきあうの、やめたら?」と言っても、男友だちは「チャラいのは、彼がシャイだからであって、彼は芯がしっかりしているいいヤツだからつきあうといいよ」と言うこともあります。

男友だちがいない人は……


男友だちがいない人は、会社で少しプライベートなことも話すことができる男の「先輩」に相談するといいです。男の先輩がいない人は、気になる彼が男に好かれているかどうか、を見るといいです。

気になる彼が同僚の男子に好かれていると、「まあまあ」大丈夫でしょう。男の先輩に好かれていたら「かなり大丈夫」です。
男女が恋心や体で結ばれるのに対し、男どうしは信頼関係だけで結ばれています。男の先輩はとくに「信頼」を重視します。なので、男友だちや男の先輩に好かれている彼は、「人として」信頼できる人、要するに人間性が豊かなのです。

3. 彼になにをしてあげられるだろうと考えてみて!


"今の彼と付き合い続けるべきか"迷った時にやるべきこと 相談は女友達より男友達に!の4枚目の画像

自分は彼に何をしてあげられるだろうと考えてみて、それが何もなければつきあう必要はありません。あなたがそう思えない時は、彼もあなたになにかをしてあげたいなんて思っていないのです。

たとえばあなたが彼のルックスや性的魅力にひかれて、彼のそういうところが欲しいと思っている場合、きっと彼も同じ考えです。お互いに相手のルックスと性的魅力が「欲しい」わけです。それはそれでいいのかもしれませんが、「欲しい」ではなく「彼に・彼女にこういうことをしてあげたい」ということも思えないと! つまりギブとテイクのバランスが良くないと、あまりいい交際にならない、ということが言えます。

一方通行という関係は、この世にない


「かっこいい」とか「彼の腹筋にあこがれる」など、そういうところから入る恋って、ごくふつうですよね? でもそれとはべつに、やっぱり「わたしは彼になにをしてあげることができるんだろう」とか、彼は彼で「おれは彼女になにをしてあげられるのだろう」という思いがないと、恋は長くは続かないんですね。

ギブだけの一方通行とか、テイクだけの一方通行という関係は、この世にない、ということです。

"今の彼と付き合い続けるべきか"迷った時にやるべきこと 相談は女友達より男友達に!の2枚目の画像


いかがでしょうか。

3つご紹介しましたが、もっとも力があるのは、時間を置くことです。時間は本当にあなたの心に映るさまざまなものを見せてくれます。

待つことが苦手な人も多いかと思いますが、ここはひとつ、待つ練習だと思って、ゆっくり時間をかけて、時間が見せてくれるものに心を集中してみてはいかがでしょうか。
あなたの心身が、不用意に傷つかなくてすむかと思います。
(ひとみしょう/studio woofoo)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ